So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「杉田水脈『生産性』発言」問題 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月26日(木)

杉田議員の発言への批判は、「生産性」みたいな基準で人を測っては駄目、まして国会議員という立場の人がということ。

しかも、その発言趣旨は、自民党のLGBT政策に明確に反しているのに、自民党からなんのお咎めもない。
「それはおかしいでしょ」という話。

右派だとか左派だとかという話じゃない。
だからこそ、大勢の人が怒っている。

それがわからず、党利党略(というより自民党擁護)の発想でしか発言できない「LGBT活動家」なんていらない。

その自民党べったりのゲイ活動家が、東京レンボ―プライド(TRP)が、「杉田水脈発言」に対する自民党本部前での抗議活動(27日19時~)に賛同したことを、パレードの中立性を損ねると批判している。

もし「杉田水脈発言」問題を、TRPが政権与党におもねってスルーしたとしたら、それこそLGBT当事者の信頼を決定的に失ったと思う。

杉田発言は、LGBTの人権の根幹部分に対する重大な侵害であり、だからこれだけ大勢の人が怒っている。
そこに右も左もないと思う。

今、LGBTの人権擁護と自民党のご機嫌取りのどちらの立場に立つべきか、ということ。
TRPの判断は間違っていない。

27日の集会、杉田議員と自民党への抗議が主旨であるのはもちろんだけど、せっかくの機会なのだから、日本のLGBT+の人権擁護運動のひとつの出発点になればと思う。

ストーンウォール・イン弾圧事件(1969年)が、アメリカにおけるゲイの公民権運動の出発点になったように。
左とか右とか関係なく、杉田議員の発言内容と、それを許容する自民党の姿勢に怒りを覚えた大勢の人が集うことを願う。

nice!(0)  コメント(2) 

【メモ】(中国人留学生のレポートから) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月24日(火)

【メモ】(中国人留学生のレポートから)

明朝の福建
「契兄弟」(男性同士の同居=実質的な同性婚)
「自梳女」(男性に嫁さず、一生独身を通すと宣言した女性。女性同士で同居も)
  独身女性は髪を伸ばして縛るので、自分で髪を梳(くしけず)る意味。

現在の中国共産党政権の同性愛に対する姿勢(三不原則)
「不賛成、不反対、不評論」

nice!(0)  コメント(0) 

「杉田水脈『生産性』発言」問題、『朝日新聞』が掲載 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月24日(月)

「杉田水脈『生産性』発言」問題、『朝日新聞』が掲載。

----------------------------
子供作らない同性カップル「生産性ない」 自民・杉田議員、寄稿 LGBT当事者ら批判

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌への寄稿で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と行政による支援を疑問視した。人権意識を欠いた記述だと批判が上がっている。

寄稿は18日発売の月刊「新潮45」が掲載した。

SNSで「優生思想だ」といった批判が広がると杉田氏は22日、自身のツイッターで、先輩議員から「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけられたとし、「自民党の懐の深さを感じます」と投稿した。

しかし、党内からも批判が相次ぐ。武井俊輔・前外務政務官は19日、「劣情を煽(あお)るのは政治ではなくて単なるヘイト」とツイッターで指摘。橋本岳・同党厚生労働部会長は朝日新聞の取材に「福祉行政全般を否定していると受け止められかねない」とした。杉田氏は23日、「ゲイだと名乗る人間」から殺害予告のメールが届いたとして赤坂署に被害届を提出し、関連するツイートを削除。朝日新聞の取材には「コメントできない」と語った。(二階堂友紀)

 ■「大きな危機感」
杉田氏の寄稿に対し、LGBTの当事者や識者からも批判の声が上がる。

レズビアンを公表し、企業や団体向けに講演や研修をする増原裕子さんは、「相模原の障害者殺傷事件や同性愛者を虐殺したナチスの優生思想とリンクする」と話す。

ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリストの安田浩一さんも「『生産性』の有無で人々を区分けするのは、残念ながら一部の保守層の中にある考え方ではないか」と指摘。「『弱者らしく』していれば守られるべき存在として扱うが、物言うマイノリティーが現れた途端に『保護されすぎている』とたたくのが今の社会。大きな危機感を抱かざるを得ない」と話した。

『朝日新聞』2018年7月24日05時00分
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13602650.html?rm=150





nice!(0)  コメント(0) 

杉田水脈衆議院議員(自民党)「『LGBT』支援の度が過ぎる」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月22日(日)

自民党の杉田水脈(みお)衆議院議員の『新潮45』掲載の文章「『LGBT』支援の度が過ぎる」の内容に対して、大勢の人が怒りを表明している。
当然だと思う。

ただ、杉田水脈という人が、どんな思想であるかということは、「選挙趣味」の人間として、かなり以前から知っていたので、今回の問題発言、私としては今更の感がなくもない。

実際、下にリンクしておいた2015年の発言と今回の発言、「生産性の無いLGBTへの支援策は不要」という論旨にほとんど変わりはない。
https://buzzap.jp/news/20150331-sugita-mio-lgbt/

つまり、けっして失言ではなく、彼女の本音・本質であり、ずっとこういうことを言っている人なのだ。
そういう意味では、終始一貫してるし、ブレることのない大馬鹿、もとい差別主義者ということだ。

ただ、「次世代の党」という泡沫に近い右翼政党の落選議員だったときと、与党自民党の現職衆議院議員とでは、社会的な立場が大きく違う。

同じことを言っても、社会のリアクションの大きさがまったく違うわけで、今頃、彼女は反響の大きさに「してやったり」とほくそ笑んでいると思う。

杉田水脈という人、政治家になる前は西宮市役所の職員で、2012年の総選挙で日本維新の会から兵庫6区(伊丹市・宝塚市・川西市)で立候補して、維新ブームに乗って比例近畿で復活当選した人。
次の2014年の総選挙は、次世代の党から兵庫6区で立候補ししたが惨敗、比例復活もならず落選。
もともと小選挙区で当選できる力量はない人で、これで政治家生命は立たれたと思いきや・・・。
2017年の選挙では、安倍ちゃんの自民党がリクルートし、中国比例単独候補(小選挙区との重複候補者を除いた比例単独候補者では名簿トップ)として擁立。
自民党の中国比例区はいちばん余裕がある枠なので、開票から程なく当選を決めた。
小選挙区から出ている議員ではないので、落選させるのは容易ではない。

当選2回だが、政権派閥の細田派で、安倍ちゃんのお気に入りなので、次の内閣改造で、政務官への抜擢もあると思う。
願わくは、文部科学と厚生労働は勘弁してほしい。
(でも、本人はそこら辺を希望すると思う)

nice!(1)  コメント(1) 

7月16日(月・祝)「一橋大学法科大学院アウティング訴訟」報告会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月16日(月・祝)  東京  34.4度  湿度65%(15時)

9時、起床。
朝食はアマンドショコラとコーヒー。
IMG_2825.JPG
12時、家を出る。
東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、四ツ谷駅でJR中央線に乗り換えて、お茶の水駅で下車。
IMG_2828.JPG
昼食は「富士そば」でかつ丼(470円)。
IMG_2826.JPG

13時半、「一橋大学法科大学院アウティング訴訟」の報告会(明治大学駿河台)に参加。

大学側が相変わらず責任を回避しているだけでなく、再発防止策をまったく講じていないことに、改めて強い怒りを覚える。
まったくなんという大学なのだ。

印象的だったのは、コメンテーターの人たちが、声を詰まらせてしまうこと。
被害者の学生さんのカミングアウト→アウティングの経験が自己体験と二重写しになり、耐えられなくなってしまうのだろう。

同性愛者のカミングアウトの葛藤、アウティングへの恐怖感の強さを、再認識させられた。

それに比べて、私は申し訳ないくらい楽だ。
「200m先からでもわかる」と言われる「歩くカミングアウト(オート・カミングアウト)」。
「誰が見ても一目でわかる」わけだから、カミングアウトするかどうかの葛藤も、アウティングされたらどうしようという恐怖もない。

まあこういう状態は「人外魔境の魑魅魍魎」の容姿レベルの私だからで、トランスジェンダー全体に一般化できることではないのだが。

16時過ぎ、辞去。
猛暑の中、4日続けての外出。
体調的にかなりきつい。
nice!(1)  コメント(0) 

第13回「社会デザイン学会」大会のご案内 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月1日(日) 

昨日、「化粧文化研究者ネットワーク」の例会で、北山晴一 先生(社会デザイン学会会長・立教大学名誉教授)に、「三橋さん、15日、来ます?」と言われたのだけど、なんのことかわからず、すぐに返事ができなかった。

私はまったく知らなかったわけだけど、この会の情報、ぜんぜん回っていないように思う。
知ってた人、います?

頼まれたので広報。
-------------------------------------------------------
第13回「社会デザイン学会」大会
【テーマ】ともに自分らしく生きられる社会を目指して
 ~性とジェンダーと社会デザインを考える~
【日 時】:2018年7月15日(日)10:00~18:00
【会 場】跡見学園女子大学文京キャンパス
   文京区大塚1-5-2
【公開講演会】14時~18時10分
講演① 西尾孝幸(弁護士)
「セクシュアル・ハラスメント、その現状と制度について」
講演② 金澤恭平(特定非営利活動法人ReBit・就活事業部マネージャー)
「LGBT、出張研修の現場から見た職場における取組について」
講演③ 田中かず子(ファーメント代表、国際基督教大学元教授)
「性的マイノリティと大学での取り組みの経験から
講演④ 高橋裕子(津田塾大学学長)
「社会と教育におけるLGBTの権利保障について」
 
nice!(1)  コメント(0) 

『東奥日報』2018年6月25日朝刊 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月25日(月)

第5回青森レインボーパレード(6月24日)を伝える『東奥日報』2018年6月25日朝刊。
東欧日報20180625 - コピー.jpg
紙面では「130人以上」となっているが、実際の参加者は173名。
nice!(0)  コメント(0) 

6月24日(日)第5回青森レインボー・パレード [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月24日(日)  曇りにわか雨  青森  26.7度  湿度57%(15時)

第5回青森レインボー・パレードに参加してきました。
2014年わずか3人で始まった青森のパレード、24→45→101人と続いて、今年はついに170人を超えました。

実行委員会共同代表の宇佐美翔子さん。岡田実穂さん、そしてスタッフの皆さん、お世話になりました。

私にとってにパレード初参加が、青森で良かったと思っています。
ありがとうございました。

青森駅前にたなびくレインボー・フラッグ。
IMG_2545 (2) - コピー.JPG

14時、スタート。
IMG_2431 (2).JPG
IMG_2462 (2) - コピー.JPG
IMG_2473 - コピー.JPG
IMG_2475 - コピー.JPG
IMG_2477 - コピー.JPG
IMG_2480 - コピー.JPG
IMG_2512 - コピー.JPG
IMG_2531 - コピー.JPG
IMG_2509 - コピー.JPG
帰着後の記念撮影。
IMG_2555 (2) - コピー.JPG
皆さん、お疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(1) 

6月17日(日)「TRP GAY=クイア フロートの動画を見ながらなおつかれ様会」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月17日(日)  曇り  東京 22.5度  湿度65%(15時)

19時過ぎ、新宿二丁目へ。
IMG_2272 - コピー.JPG

夕食は「花園通り」のタイ料理「クルンテープ・ミッドナイト」。
IMG_2277.JPG
ゲーン キョウ ワン(鶏肉のグリーンカレー)
IMG_2274.JPG
おいしいけど、ちょっと高いなぁ(1350円)。
IMG_2275.JPG

20時過ぎ、「新千鳥街」のマーガレット小倉さんのお店「オカマルト」へ。
IMG_2280.JPG
Edoさん主宰の「TRP GAY=クイア フロートの動画を見ながらなおつかれ様会」に参加。
私は、パレードを歩いていないのだけど(笑)。
35548143_10214590046256219_6136100006337183744_n.jpg
35652303_10214590029335796_7008024357934989312_n.jpg

動画を観て、2018TRP第37フロートは、日本のレインボー・パレードの伝説になると、あらためて思った。

いろいろ話を聴けて、楽しい夜だった。


nice!(0)  コメント(0) 

同性パートナー制度、長崎市も導入へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

6月15日(金)

おっ、長崎市も導入。
同性パートナーシップ制度の拡大、明らかに勢いがついてきた。

そうか、だから自民党筋が「歯止め」としての「理解増進法」を急ぎだしたのか・・・。

--------------------------------
同性パートナー制度 長崎市、県内初導入へ

長崎市は13日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的にパートナーとして認める制度を県内で初めて導入する方針を示した。新たに市立病院の入院・手術の親族同意や、家族向け市営住宅の入居などが可能になることが期待される。来年度までの導入を目指す。

同様の制度は2015年以降、東京都渋谷区や福岡市など全国7自治体が条例や要綱といった形で導入している。大手企業では手当や休暇制度などの福利厚生の対象とする動きもある。

長崎市は市内在住の20歳以上の同性カップルを対象に、パートナーであることを認める証明書を発行することを想定している。他都市の運用状況や当事者ニーズを調べ、制度にどんな効力を持たせるか検討する。

13日の定例市議会一般質問で、池田章子議員(市民ク)が制度導入を求め、田上富久市長が応じた。

市長は、市の昨年度の市民意識調査で、LGBTを巡って嫌な思いをしたことがあると答えた人は2・8%だったと紹介。「個性を認め合い、当事者の生きづらさを解消する上でパートナーシップ制度は有効策の一つ」と意義を語った。

議場で傍聴したLGBT啓発の市民団体「Take it!虹」の儀間由里香代表(29)は「性で悩み孤立している人は少なくないと思うので、うれしい」と語った。団体は7~8月、県内のLGBTの意識や必要な支援に関する実態調査をウェブ上で実施する計画という。官民の動きの広がりが注目される。

『長崎新聞』2018年6月14日(木) 11:11配信
nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | 次の10件 現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ