So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代の性(一般) ブログトップ
前の10件 | -

『セックスワーク・スタディーズ ー当事者視点で考える性と労働ー』(日本評論社、2018年9月) [現代の性(一般)]

9月22日(土)

『セックスワーク・スタディーズ ー当事者視点で考える性と労働ー』(日本評論社、2018年9月)をいただいた。
セックスワーク・スタディーズ.jpg
とても読み応えのある内容で、今後、セックスワークに関わる諸問題を論じる際に、必ず参照されるべき本だと思う。

セックスワークへの施策でいちばん大事なことは、当事者であるセックスワーカーが施策立案の場にちゃんと参加して、その意見がしっかり反映されること。
60数年前の売春防止法制定の時は、性産業で働く女性の意見がまったく反映されず、廃娼運動家とそれに支持された女性政治家の意見だけが取り入れられた。
当事者を無視する誤りを、今また繰り返してはいけない。
そのためにも、ぜひ大勢の方に読んでほしい本。

刊行がもう1月早かったら、あるいは自著(『新宿「性なる街」の歴史地理』)の校了がもう1月遅かったら、参照できた部分がいくつかあり、仕方がないが残念だった。

ところで、この本のカバー裏(表4)に掲載されている2枚の写真の内、右側の1枚は、私が撮影し、依頼されて提供した写真だ。
SCN_0046.jpg
アマチュアの撮影者の写真を使っていただいたことは、とてもうれしく思う。

ただ問題は、クレジットの付け方だ。
奥付に「カバー写真(表4)ー佐藤郁夫・三橋順子」と記されているが、これでは、どちらが佐藤さんの写真で、どちらが私の写真かわからない。
クレジットの付け方として不適切だと思う。

写真の著作権は、個々の写真にあるのだから、撮影者がわかるように、たとえば「撮影・提供:(左)佐藤郁夫、(右)三橋順子」のように注記すべきだろう。

「細かいことを」と思う方も多いだろうが、権利というものは、実はけっこう細かいものなのだ。

私も、近刊の自著にたくさんの写真を使用したが、撮影者、提供者、出典については、ずいぶん気を遣い、くどいほど注記を付した(1点だけ、どうしても撮影者不明の写真があるが・・・)。

要は、そういうものなのだ。
出版に関わる人は意に止めておいてほしい。

nice!(0)  コメント(0) 

9月15日(土)「現代風俗研究会・東京の会」第20期「性の風俗」第1回 [現代の性(一般)]

9月15日(土)

東急目黒線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
雨はほぼ止む。

14時35分、明治大学(駿河台)の研究棟へ。
「現代風俗研究会・東京の会」第20期・新風俗学教室に参加。

今回から始まる第20期のテーマは「性の風俗」。
その第1回の例会は、京都から井上章一先生(国際日本文化研究センター教授)をお迎えした。

ところが、定刻(15時)近くになっても、井上先生が現れない。
幹事も私もドキドキ。
何しろ、携帯電話を持たない、メールもしない方なので、所在確認の方法がない。
もしも、いらっしゃらなかったら、私が1時間半、しゃべるしかないな、と思っていたら、定刻2分過ぎにいらっしゃって、安堵。

報告は「性的な磁場からの風俗史」。
「下部構造説」(床が張ってあるか、ないか)、「ふんどし」「パンツ」「パンチラ」「遊廓ビッグバン説」など、1時間半たっぷり井上節を聞かせていただいた。
IMG_4014.JPG
IMG_4015.JPG

次の第2回は11月17日(土)明治大学・駿河台の予定。
報告は、三橋順子「『新宿二丁目・ゲイタウン』の形成過程」。
会員でない方も参加可能ですので、皆様のご来場を、お待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

『週刊ポスト』の「美熟女」特集にコメント [現代の性(一般)]

8月23日(木)

現在発売中の『週刊ポスト』2018年8月31日号(小学館)の巻末カラー特集「男たちが本当に大好きな最高の美熟女30人」に、私のコメントが掲載されています。
週刊ポスト20180831 (1).jpg週刊ポスト20180831 (3).jpg

それにしても、御年73歳の吉永小百合さんが1位、87歳の八千草薫さんが14位とは。
週刊ポスト20180831 (2).jpg
「熟女」の範囲がどんどん上に広がって、「老女」というカテゴリーをすっかり包摂してしまったことがわかります。

そうした「熟女の拡大」を支えているのが高齢男性の性欲、「性欲年齢」の上昇(それを煽ったのは『週刊現代』『週刊ポスト』などの週刊誌)。

早い話、80歳の男性から見れば、60歳の女性は十分に若いわけで、性的の対象になります。

で、60歳の女性の側も、男性から性的視線で見られていれば、アンチエイジングに励んで、性的魅力を維持しようとすわけです。
それが、「熟女の拡大」「美熟女の増加」の要因という説(というほどでもないけど)。

人間、歳をとれば、性的なステージから降りて「枯れる」のは自然なこと。
世の中はどんどん不自然な方向に行っているなぁと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

イギリスBBCラジオのインタビュー [現代の性(一般)]

8月22日(水)

2泊3日の「2018夏『家猫さん慰労』北陸・温泉旅」から、18時、新横浜駅に帰着。
家猫さんに付き合ってもらい、駅上の「キュービックプラザ」の中華料理「梅蘭」で、時間調整を兼ねて、ゆっくり夕食。

19時半、家猫さんに先に帰ってもらって、新横浜プリンスホテルへ。

20時~21時10分、ホテルのお部屋で、イギリスBBCラジオの女性記者さんのインタビューを受ける。
内容は日本のトランスジェンダーの歴史と現在。

22時、ようやく帰宅。
疲労困憊。

ということで、旅行のことは、明日以降に書きます。

nice!(1)  コメント(0) 

8月9日(木)「美熟女」特集にコメント [現代の性(一般)]

8月9日(木) 曇り  東京  32.1度  湿度72%(15時)

12時、起床。
髪を洗う。

13時、『週刊ポスト』の記者から電話取材。
「美熟女」特集のコメントを求められる。
私、「熟女」専門家じゃないのだけどな。
他に歴史的なコメントができる人がいないらしい。

【歴史的に】
①「熟女」という言葉が現れるのは1983年頃。
おそらく、メディアの造語。
② 江戸時代は、「娘十八」が盛りで、20歳を超えたら「年増」、22~23で「中年増」、25歳で「大年増」
③ 明治期に「oid miss」の直訳語として「老嬢」が登場。
だいたい20代後半になるともう「老嬢」。
④ 1950年代半ばの新聞小説に「27歳の老嬢」が出てくるので、その頃まで年齢感覚に大きな変化はない。
⑤ まだ「熟女」という言葉はないが、実質的な熟女ブームの端緒は、五月みどり(1939年生、当時36歳)の「かまきり夫人」(1975年)。
⑥ 1990年代前半に熟女専門雑誌『熟女クラブ』(三和出版)が刊行される。

【現象的に】
⑦ 人間の人生が長くなるにつれて、女性の「盛り」も延びる。
⑧ 同じく、男性の生殖寿命も延びる。
(それを囃し立て煽ったのは『週刊現代』や『週刊ポスト』)
⑨ 70歳の男性から見たら50歳の女性は十分に若く、性的対象になる。
⑩ 女性の側も、性的対象としてみられると、その気になって頑張る人もいる。
⑪ 結果、「熟女」の範囲はどんどん上がる。

【生理学的に】
⑫ 「美熟女」は、本人の努力やアンチエイジング商品の効果もあるが、実は個人の体質(女性ホルモン、細胞修復力など)の比重が大きい。
⑬ つまり個人差が大きい。5歳若く見える体質の人と5歳更けて見える体質の人とでは、見かけは10歳違う。
⑭ ただ、それを言うと、アンチエイジング商法が成り立たなくなるので、メディアは言わない。

それにしても、今や、吉永小百合さん(1945年生、75歳)が「熟女」の範囲とは驚いた。
おきれいなのは確かだが、年齢的にはどう考えても「老女」だろう。

新橋で見かけた広告。
IMG_3181.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

7月2日(月)第1回「セクシュアリティ研究会」 [現代の性(一般)]

7月2日(月)  晴れ  東京  33.5度  湿度60%(15時)

10時、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
IMG_2688.JPG

16時過ぎ、家を出る。
IMG_2691.JPG

東急目黒線、都営地下鉄三田線で神保町駅へ。
靖国通りの「ドトール」で遅い昼食。
IMG_2693.JPG
コメント票を読む。

17時45分、明治大学(駿河台)へ。
IMG_2694.JPG
第1回「セクシュアリティ研究会」(主宰:平山満紀明治大学教授)に出席。
報告は、Alice Pacherさん(明治大学大学院博士後期課程)「現代日本における結婚内、結婚外のカップル関係とウェルビーング」。

アリスさんは、オーストリア出身の若手女性研究者(日本語堪能)で、今日の報告は、主に日本の婚内(夫婦間)のセックスレス問題のインタビュー調査の成果。

そもそも、子どもをもうけた後の夫婦間のセックスレスは悪いことという価値観(性規範)が日本にはなかった。
60歳になっても70歳になっても、夫婦ならセックスするべきだという欧米の規範の方がおかしいと、大半の日本人は考えると思う。

そこらへんの論点整理、性規範(文化)の根本的な相違への認識がやや甘いような気がした。

「日本の武家には『三十過ぎたら、お褥(しとね)下がり』という習慣があって・・・」とコメントしたが、通じなかったみたいだ(笑)。

あと、思いつきだが、阿部輝夫先生が「セックスレス問題」を提起・定義化したのが1991~94年。
現象として注目され始めたのは1980年代後半だと思う。
日本のセクシュアリティ現象は1980年代にいろいろ変化する(AVビデオの普及、女性の乳房への過剰な注目とか)が、セックスレスもその現象の一つなのかも。

21時、閉会。
22時、辞去。
23時過ぎ、帰宅。

nice!(0)  コメント(0) 

6月14日(木)男女共同参画事業の担当職員さんと面談 [現代の性(一般)]

6月14日(木)  曇り  東京  25.2度  湿度74%(15時)

14時、新宿駅南口の喫茶店で、10月に講演することになった某区の男女共同参画事業の担当職員さんと面談。

某区では、今年度、ジェンダー系の講座は1つ(1シリーズ5回)だけになってしまったとのこと。

理由は、政府肝入りの「女性活躍事業」の方に予算が行ってしまったこと、ジェンダー系の講座は人が集まらないこと。

ジェンダー系の講座の参加者は60歳以上で高齢化してい、より若い30~40代の女性が関心を持ってくれないらしい。

また、昨年度までは、近隣の東京家政大学との連携事業だったが、今年度からはそれも外れたので、さらに集客に不安があるとのこと。

ともかく明るくない(暗い)話ばかりで、これはたいへんだなぁ、と思う。

自分の講義を例に、現代の若者がジェンダー&セクシュアリティ論に関心がなくなったわけではないことを話して、「もっとテーマを広げて、若い(30~40代)講師を呼んだらいかがですか」とアドバイスしてきたが、なかなか難しいのだろうなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 

ターナー症候群(性染色体がXO)の事例としては特異 [現代の性(一般)]

6月9日(土)

他人の「性別」についてあれこれ言うのは、本来、失礼なことで、書くべきかどうか迷ったが、ご本人が「性別」をお仕事のネタにしていて、それが映画化されたことで、社会的な影響もあるだろうと思い、あえて書かせていただく。

先日、試写を見せていただいたドキュメンタリー映画「性別が、ない!インターセックス漫画家のクィアな日々」(渡辺正悟監督、2018年)で、インターセックスはきわめて多様な疾患群という説明があるのに、肝心の主人公・新井祥さんの疾患がはっきりしないのが、いささか不審だった。

「染色体検査の結果、異常が見つかった」というコメントがあったので、帰宅後、調べたらターナー症候群(性染色体がXO)らしい。

この場合、Y染色体(の上にあるSRY遺伝子)は存在しないので、性分化のプロセスで男性化は起こり得ず、女性型になる。
したがって、出生時には女性として判別されるが、思春期以降、卵巣の機能が十分でなく、治療としては女性ホルモンを投与して、身体の女性化を進めるのが一般的。

新井さんの場合は、その真逆な道(男性ホルモン投与、乳房除去手術による男性化)を選択されたわけで、かなり特異な例。
「治療」の流れ的には、むしろ性同一性障害(FtM)にかなり近いと思う。

私は、性別は自己選択・自己決定だと考えるので、新井さんが身体的には男性化を、ジェンダー・アイデンティティは「中性」を選択されたことについて、何も言うことはない。

ただ、「性別が、ない!」というのは、新井さんの主観であって、医学的には「性別がないわけではない」。
ターナー症候群の場合、「ターナー女性」という言い方をするように、性別は女性の範囲。
また、ターナー症候群の女性の経過・帰着としては、新井さんの事例はかなり特異で、到底、一般的とは言えない。
それが疾患名を伏せた理由なのかなと思う。

逆に言うと、ターナー症候群という疾患名を出して、「性別が、ない」(中性)、男性ホルモン投与、乳房除去手術による男性化が映像化されたら、ミスリードになりかねないので、映画としてはこれで良かったと思う。


nice!(1)  コメント(1) 

祇園の高級クラブで豪遊すると&ドンペリを買いに行った話 [現代の性(一般)]

5月16日(水)

テレビ朝日「マツコ有吉のかりそめ天国」で京都・祇園の会員制クラブ(一見さんお断り)で豪遊(1人遊び)すると、いくらかかるかという企画をやっていた。

「神奈比(かんなび)」という、VIPルームは座っただけで32000円(セット料金)、一番安いボトルが15000円(吉四六)、一番高いボトルが30万円という店。
ホステスさんが2人付いて、途中からママとチーママが来て、2時間半。

お支払いは、20万円くらいかな?と予想したら、25万4850円だった。
ちょっと勘が鈍ったかな?
現役の時代から15年も経ってるからなぁ。

で、思い出したけど、1997年か98年頃だったと思う。
お手伝いしていた歌舞伎町区役所通りの店に、かなり酔っ払った客が来た。
「いらっしゃいませ。何にいたしましょう?」と尋ねると、
「ドンペリ」という返事。

基本料金1時間5000円(フリードリンク&カラオケ。以後1時間ごとに+2000円)の店にドン・ペリが置いてあるわけはなく・・・。
「お客さんがドンペリって言ってますけど・・・」とママに報告すると、やっぱり「あるわけないでしょ」の返事。

その間にも、酔っ払って気が大きくなっている客は
「なんだ、この店はドンペリも置いてないのかぁ!」
と叫んでいる。

ママが「しかたないわね。順ちゃん、悪いけど、ひとっ走り行って買ってきてくれる」と言う。
で、深夜営業の酒屋「信濃屋」に、ほんとうに走って行った(当時は走れた。しかもミニスカート&ハイヒールで)

たしか5万円だったと思う。
ドンペリの箱を抱えて、往復10分で店に戻り、ママに手渡す。

眠くなっておとなしくなった客に、ママが「はい、お待ちかねのドンペリが来ましたよ」と言いながら、ピンク色の液体を注ぐ。

後でママに「お会計いくらにしたのですか?」と聞くと、「あんなもの定価なんてないのよ。切りよく10万円にしたけど、もうちょっと取った方がよかったかしらね」という返事。
「良心的だと思います」と私が言うと、「はい、順ちゃん、お使い賃」と言いながら1万円札をくれた。

そんな時代もあったということ。
nice!(0)  コメント(0) 

「男娼」(男性セックスワーカー)のインタビュー集 [現代の性(一般)]

5月11日(金)

明治大学(和泉)の講義の後、新宿へ。

二丁目の「ビックスビル」地下の喫茶店「ルノアール」でライターの中塩智恵子さんという方と面談。
6月に「男娼」(男性セックスワーカー)9人のインタビュー集を光文社から刊行されるとのこと。
出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス各3人ずつ。
9人の内の1人は畑野とまとさん。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(一般) ブログトップ