So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
性社会史研究(性別越境・同性愛) ブログトップ
前の10件 | -

11月16日(土)「現代風俗研究会(東京の会)」新宿二丁目「ゲイタウン」の形成過程 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

11月16日(土)  晴れ  東京  19.5度  湿度46%(15時)

「現代風俗研究会(東京の会)での私の報告「『新宿二丁目・ゲイタウン』の形成過程」、聞きに来てくださった皆様、ありがとうございました。
いろいろなイベントが重なり、参加者少数が予想されましたが、お陰様で参加者23人の盛況でした。
特に、非会員で、Twitterで情報を知って、わざわざ来てくださった方、とてもうれしかったです。
-------------------------------------------------------------------------------
「現代風俗研究会(東京の会)」第20期 新風俗学教室「性の風俗」(第2回)
 2018.11.17(明治大学・駿河台)

新宿二丁目「ゲイタウン」の形成過程
                      三橋 順子(性社会・文化史研究者)
はじめに
江戸時代の内藤新宿の「飯盛女」に始まり、大正末期〜昭和戦前期の「新宿遊廓」を経て、戦後の「赤線 ・新宿」まで、長らく男と女の「性なる場」であった新宿二丁目は、1958年4月の「売春防止法」完全施行後、商業的に急速に衰退 ・空洞化する。そして、わずか10数年後の1960年代末〜70年代初には、男と男の「性なる場」である「二丁目・ゲイタウン」に変貌する。街ぐるみの性的指向(sexual orientation)の大転換は、新宿という「性なる街」の歴史地理の最大の謎だが、そのプロセスはまだ十分に解明されていない。
この報告では「今、どこまでわかっているのか」を、お話してみたい。
→ ほぼ、判明。

※ 新宿二丁目における「性なる場」の重層と性的指向の転換
(1)1698~1872年 宿場の「飯盛女」   (非公認の売春エリア) ♂×♀
(2)1873年~   貸座敷指定地(近代公娼制)(公認の売春エリア) ♂×♀
(3)1922年~1945年 「新宿遊廓」     (公認の売春エリア) ♂×♀
(4)1946年~1958年 「赤線」新宿     (黙認の売春エリア) ♂×♀
(5)1960年代末~現在 「二丁目・ゲイタウン」          ♂×♂

まとめ
(1)1950年~60年代前半、新宿通り南側の「千鳥街&緑苑街」(①)に何軒ものゲイバーがあり、新宿エリア最大の集中立地エリアだった。
現在の「新宿二丁目・ゲイタウン」エリアへのゲイバーの進出は、ここが起点になる。
(「千鳥街」起点説)
(2)1958年4月の「売春防止法」完全施行以後、二丁目の旧「赤線」「青線」地区の商業的空洞化(空き家化ではない)が進む。
(3)1963年頃、新宿通り北側の旧「青線」地区(②a)に「ぼんち」が進出する。
ここが拠点となり、次第に男性同性愛者が集まるようになる。
しかし、まだ店の数は少ない。
(「ぼんち」先兵説)
(4)1968年の「千鳥街」&「緑苑街」(一部)の立ち退きがきっかけとなり(「隠花植物」の胞子が飛び散るように)、1969~72年頃、ゲイバーの新宿通り北側の旧「青線」地区(②a)&太宗寺西側ブロック(②c)への進出が急速に進み、さらに靖国通り南側の旧「青線」地区周辺(②b)や旧「赤線」地区(③)にも及ぶ。
(「千鳥街」ビックバン説)
(5)つまり、「ゲイタウン」の形成は①→②→③の順で、新宿通り南側から北側へ進んだと考えられる。
(「南から」流入説)
新宿(1万分1)4 (4) - コピー.jpg
(6)1973年には、83軒のゲイバーが集中立地する世界最大規模の「二丁目・ゲイタウン」に変貌する。
(7)1963年に旧「青線」新宿二丁目の真ん中に店を構えた「ぼんち」は、この地域のゲイバーが①から②へ展開していく「先兵」「呼び水」の役割を果たした。しかし、ゲイバーの②③への本格的な展開の直前の1967年末~1968年春頃に「ぼんち」は閉店してしまう。


nice!(0)  コメント(0) 

11月11日(日)報告レジュメが完成 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

11月11日(日) 晴れ  東京  20.1度  湿度44%(15時)

11時、起床。
朝食はアップルパイとコーヒー。
181111(1).JPG

昼食は、残りご飯と豚汁。
181111(2).JPG
フルーツサンド。
181111(3).JPG

夕方、昨日から取り掛かっていた、今週土曜日(17日)の「現代風俗研究会(東京の会)第20期 新風俗学教室(第2回)」(明治大学・駿河台)の研究報告「新宿二丁目『ゲイタウン』の形成過程」のレジュメが完成。

私なりに、この問題についての結論。
ミステリー風に言えば、「長年の謎がついに解き明かされた!」(笑)

夕食は、豚汁。
181111(4).JPG
カキフライ。
181111(5).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、4時。

nice!(1)  コメント(0) 

性的マイノリティの平成30年史(概観)。 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

11月9日(金)

共同通信のインタビューで語った、性的マイノリティの平成30年史(概観)。

【平成1桁】(1989~1998年)
 クィア・カルチャー=欧米のゲイ・レボリューションの日本化(1992~98)
  ↓ 
【平成10年代】(1999~2008年)
 「性同一性障害」概念の全盛=異性装文化の抑圧・同性愛者の社会運動の停滞(1998~2008年)
  ↓ 
【平成20年代】(2009~2018年)
 「男の娘」ブーム=異性装(女装&男装)文化の復権(2009~15)
  ↓
 LGBTブーム=再びグローバル化(2015年~)



nice!(0)  コメント(0) 

「ゲイ」という言葉の変遷 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

10月1日(月)

1950~1960年代前半に使われていた「ゲイ」は、ほとんどの場合「ゲイ ・ボーイ」を指す。
「ボーイ」=少年・青年で、壮年・老年の「ゲイ」はそこには含まれない。

では、壮年・老年の男性同性愛の人はなんて呼ばれていたかというと、「ソドミア」。

つまり、前近代からの男色文化の「年齢階梯制」がまだかなり機能していて、
寵愛する中年・老年の「ソドミア」----- 寵愛される少年・青年の「ゲイ・ボーイ」
という関係性。

そうした「年齢階梯制」を踏まえた「ソドミア」ー「ゲイボーイ」という関係性が、1960年代~1970年代になると崩れてきて、両者を合わせた形で「ホモ」という言葉が一般化する。

興味深いのは、その時期が「二丁目・ゲイタウン」の成立期であること。

関係性・用語の変化と、新しい形のコミュニケーションの場の形成が、どういう形でリンクしたのか、当事者性のある研究者にぜひ解明してもらいたい。

ちなみに、「ホモ」から(現在使われているような意味での)「ゲイ」への変化は、欧米の「ゲイ・レボリューション」が日本に波及した1990年代初頭以後に始まる。
わかりやすく言うと、1950年代にアイデンティティを形成した美輪明宏さんが言う「ゲイ」は「ゲイ・ボーイ」の「ゲイ」の意味で、現在のような男性同性愛者全体を意味する「ゲイ」と同義ではない。

nice!(0)  コメント(0) 

「ゲイ・ボーイ」と「ゲイ・バー」の語源 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月29日(土)

『風俗奇譚』1962年2月号「ホモの窓」(担当:かびや かずひこ)に「“ゲイ・バー”という語の命名者」という短文が載っている。
風俗奇譚196201-02(ホモの窓・ゲイバーの語源).jpg
「ゲイ・ボーイというコトバは戦後日本に進駐してきた米人の中の男色愛好者が、そのホモの相手になった日本の若者たちをそう呼んだことから、一般の通りコトバになった」
1950年代後半、同性愛研究者研究の第一人者とされていた冨田英三の『ゲイ』(1958年)も同様のことを言っている。

つまり、男の子好きの進駐軍兵士が、日本の美少年・美青年をみかけて“Hey! You gay”と声をかけたことに始まる。この場合のgayは「一緒に歩いて遊んでみたい魅力的な」というような意味。そうした誘いに乗って男性同士の関係に応じる青少年をゲイと呼ぶのだと日本人が勘違いしたという説。
そうした説が真実かどうかは今となってはわからないが、1950年代~1960年代前半の「通説」であったのは間違いない。

(参照)三橋順子「ゲイボーイ、シスターボーイ、ブルーボーイ」(井上章一&関西性欲研究会『性の用語集』講談社現代新書、2004年)

続いて「ゲイ・バーという語は、だれがいいはじめたのだろう?」という話になる。
そして記者(かびや かずひこ・鹿火屋一彦)は次のように語る。

「この語(ゲイ・バー)を造り、使いだしたのは七年ほど前(二十九年ごろ)、当時、新宿の酒場“アドニス”でアルバイトにマネージャーをつとめていた大島吉之助君だろう。」
「そのころかれは、ある大学の哲学科に籍をおく白面の美青年だった。作家志望だけに、コトバの音感や活字面の美醜には敏感らしく、それまでそうした場を呼んでいた“男色喫茶店”とか“男色酒場”とかいうコトバを、いやがっているふうにみえた。」
「まもなくかれが記者に送ってきた手記の中に“ゲイ・バー”という語が使われていた。」
「適切なコトバだと思ったので記者などもその語をさかんに借用しだし、今ではすっかり一般化してしまったわけである。」

ということで、「ゲイ・バー」という言葉は、1954年頃、新宿の酒場「アドニス」(区役所通り東側の「柳街」にあった)にいた大島吉之助の造語で、かびやかずひこ らのライターが使うことで広まり、1958年前後には「第一次ゲイバー・ブーム」となる。

nice!(0)  コメント(0) 

「伊集院忍ホモ相談所」 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月29日(土)

この数日ほど、1960年代前半に新宿2丁目にあっやゲイバー「ぼんち」について調べている。

なぜ、調べているかというと、現在の「新宿2丁目・ゲイタウン」のエリアに、最初に出店したゲイ・バーが「ぼんち」である可能性が高いからだ。

「ぼんち」ついては、いずれ研究報告の上、論考にする予定だが、その副産物として「伊集院忍ホモ相談所」を紹介する。

この時期刊行されていた性風俗(変態)総合雑誌『風俗奇譚』(文献資料刊行会)に伊集院忍(いじゅういんしのぶ)が初めて登場するのは1963年1月号で、大田区女塚(おなづか)1-1(現:大田区西蒲田1丁目、JR蒲田駅の北西)に移転したこと(詳細な地図付き)、「お暇のとき・ご上京の節は談話室としてご利用ください」と述べている。
風俗奇譚』196301(伊集院).jpg

以後、1965年3月号まで、大田区女塚の住所で「男子ホモ」の相談を行っている。
風俗奇譚』196402(伊集院).jpg

そして、1965年2月号からは「伊集院忍ホモ相談所」を名乗るようになる。
風俗奇譚』196502(伊集院).jpg

さらに、1965年4月号からは、住所が新宿区新宿2丁目48に変わる。
風俗奇譚』196505(伊集院).jpg
大田区蒲田から新宿区新宿2丁目に進出する。
48番地は旧「青線」墓場横町で、現在のレズビアン小路のあたり。

これは、現在、確認できる範囲で、「新宿2丁目・ゲイタウン」のエリアに立地したゲイ関係施設として3番目になる。(2番目は1963年9月号に酷国が見える「紳士の社交場 てんてこ」) 

伊集院忍という人は、現在ではまったく忘れ去られているが、1960年代中頃の「ホモ」業界では、それなりに知られた人らしい。
『風俗奇譚』へのデビューは、1963年5月号の「間宮浩さんへの公開状」。
その後、1964年1月号から1965年7月号まで、小説『ソドムの海』を連載する。
また、連載終了前後から、「ホモ」関連の論説をほぼ毎号執筆している(1965年5月号~1966年6月号)。
「あるホモ青年の相談と回答」(1965年5月号)
「上京を希望する青少年への回答」(1965年6月号)
「中性タイプはなぜ悪いか」(1965年8月号)
「プロを見分ける法」(1965年9月号)
「ホモは治療できるか」(1965年10月号)
「ホモと結婚」(1965年11月号)
「続・ホモの結婚」(1965年12月号)
「ホモ相談雑話」(1966年1月号)
「ホモのドウセイ生活」(1966年2月号)
「ホモの人生観」(1966年3月号)
「ホモとめがね」(1966年4月号)
「HOMOよ幸福に」(1966年6月号)

【まとめ】
1965年に男性同性愛関係の施設が新宿2丁目に移転する動きがあったことが重要。
1963年春に開店した「ぼんち」を核に、すでに1950年代からゲイバーが立地していた「千鳥街」(新宿通り南側)に加えて、新宿2丁目・新宿通り北側にも少しずつ男性同性愛者が集まりだしていたことが見えてきた。

そして、1968年の「千鳥街」の解体によって、二丁目(新宿通り北側)エリアに急速にゲイバーが進出する(「千鳥街ビッグバン説」)


nice!(0)  コメント(0) 

「二丁目・ゲイタウン」の形成過程 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月12日(水)

必要があって、「二丁目・ゲイタウン」の形成過程について、本気で調査・分析。
1973年頃の新宿のゲイバーの分布について調査。
その結果、1960年代末~70年代初頭、ゲイバーの二丁目進出の傾向がだいぶ見えてきた。

① 1950年代に、千鳥街・緑苑街(新宿通りの南側、新宿御苑の北側のブロック)にゲイバーが多数(延べ10軒以上)立地していた。
② 同時期の新宿では最大の集中(他は3~4軒が散在)。
③ 現在の「ゲイタウン」エリア(新宿通り北側、御苑大通り東側)には南から入ってくる。
④ 最初に、旧「青線」エリア(花園通り南側と仲通り東側)に入る。
⑤ やや遅れて、旧「赤線」エリア(花園通り北側で仲通り西側)に入ってくる。

あくまでも、傾向として、だけど、イメージとしてこんな感じ。
新宿(1万分1)4 (3).jpg

nice!(2)  コメント(0) 

NHK総合「あさイチ」で、新橋のゲイバー [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月11日(火)

昼過ぎ、NHK総合「あさイチ」のディレクターから電話取材。

新橋烏森神社参道脇「やなぎ」(お島ママ、1950年開店)が戦後東京のゲイバーの原点であることと、その後の展開(新橋→銀座→新宿、新橋→赤坂→六本木・西麻布の2系統)についてレクチャー。

13日(木)9時頃から放送とのこと。
現在の新橋(烏森口)のゲイバー「ノーボーダー(No Border)」も出てくるらしい。


(参照)
「東京のゲイバーの元祖・新橋「やなぎ」の位置が判明」
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2016-06-26-1


nice!(0)  コメント(0) 

「レンコン」、1970年代後半まで伝承 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月10日(月)

昨日、63歳のニューハーフさんにお話をうかがって、驚いたことは、「レンコン」の実践者・伝承者だったこと。

「レンコン」は、少なくとも昭和戦前期から戦後期まで、女装男娼の間に伝承されてきた性的技巧で、潤滑液をつけ手筒の形にした片手を背中から股間に回し、そこに男性客のペニスを誘導して、女性の膣と錯覚させる高度の「詐交」技術。

ほとんどの場合、男性は相手が女性だと思って射精し、Sexを終える。
女装男娼は、男性と気づかれることなく、かつ脆弱な肛門粘膜を痛めることなく、効率よくセックスワークができる。

今まで、「レンコン」の使用は1960年代前半まで確認できていたが、1970年代後半まで使用されていたことがわかった。
お話をうかがった方は、もしかすると最後の伝承者かもしれない。




なお、「レンコン」について詳しく知りたい方は、下記を参照ください。

三橋順子「レンコン」

 (『性の用語集』 講談社現代新書、2004年12月、 P350~356)

三橋順子「女装男娼のテクニックとセクシュアリティ」

(井上章一編著『性欲の文化史 1』講談社選書メチエ、2008年10月、P127~161)



nice!(1)  コメント(0) 

1980年代~90年代初頭のニューハーフ世界のお話をうかがう [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月9日(日)

16時、新宿二丁目のゲイブック・カフェ「オカマルト」へ。

1980年代、六本木を中心にショービジネスの世界で活躍されたニューハーフの方(Mさん、1954年生)に、たくさんの資料・写真を見せていただく。

トランスジェンダー関係の歴史資料のうち、ショービジネス関連は蓄積が薄く、しかも実際にその世界を体験された方による「語り」付きの生資料で、とても貴重。

まずは資料保全(複写、電子データ化)、整理(写真の年代、撮影事情のキャプション化)。
次に、Mさんのライフヒストリーをうかがってまとめる。

それを突き合せれば、1980年代の東京六本木のニューハーフ・ショービジネス世界と、そこに生きた1人のニューハーフさんの「生と性」が浮かび上がると思う。

「次の時代に伝えて」と持ち込まれたわけで、その希望に応えるよう尽力するのが研究者の責務。

1980年代~90年代初頭のニューハーフ世界のお話をうかがう。

200万円のドレス(舞台衣装)、一流写真館での撮影、日ごろの洋服はさまざまなブランドもの、有名人との交際、パリのショービジネス界を訪問、膨大な数の男性経験(セックスワークで3000人、プライベートで3000人、合計6000人とのこと)……なんとも華やかで、景気の良い話が続く。

その一方で、写真に映っている同僚・先輩ニューハーフについて、「この人は亡くなった」という話が実に多い。

現在63歳の方だから、(ママクラスは除き)先輩と言っても存命なら60代後半~70代のはず。
それで、半分近くが亡くなっている印象。
明らかに短命だと思う。
「(過剰な)女性ホルモン(投与)とお酒で、肝臓をやられちゃう人が多い」とのこと。

さらに、自殺が多い。
全部で30人ほどの人について語っているのに、「自殺しちゃって」という話が何度も出てくる。
亡くなった方の10人に1人(100人で10人)くらいは自殺している印象。

世界保健機関(WHO)の2015年度の統計では、日本の自殺率は人口10万人あたり19.7人(100人あたり約0.02人)。
単純計算で500倍くらい自殺率が高いことになる。

まあ、数字はごくごく概算だが、ニューハーフさんの自殺がとても多い傾向が、ある程度、浮かんでくると思う。

華やかな世界だったからこそ、闇も深いということか。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 性社会史研究(性別越境・同性愛) ブログトップ