So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
生活文化・食文化・ファッション文化論 ブログトップ
前の10件 | -

ナマハゲなど「来訪神」、ユネスコ無形文化遺産登録へ [生活文化・食文化・ファッション文化論]

10月25日(水)

異形の来訪神は、日本の民俗信仰の根源だと思う。

トランスジェンダー論の講義で「神は異形」の事例として、なまはげ(秋田県男鹿地方)、ボゼ(鹿児島県吐噶喇列島悪石島)、パーントゥ(沖縄県宮古島)を紹介している。
異形の神(秋田男鹿:なまはげ).jpg
↑ 秋田男鹿:なまはげ
異形の神(悪石島・仮面神ボゼ).jpg
↑ 悪石島・仮面神ボゼ
異形の神(宮古島:パーントゥ).jpg
↑ 宮古島:パーントゥ

人口減少で、地域によっては、祭礼の維持が危ぶまれている。
ユネスコ無形文化遺産への登録で少しでも長く続くことを願う。

--------------------------------------------------
ナマハゲなど「来訪神」、ユネスコ無形文化遺産登録へ

文化庁は24日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に推薦している「男鹿のナマハゲ」(秋田県)など「来訪神(らいほうしん) 仮面・仮装の神々」について、事前審査をしていた評価機関が「登録」を勧告したと発表した。評価機関の登録勧告が覆った例はないといい、11月末からモーリシャスである政府間委員会で正式に決まる見通し。

無形文化遺産は芸能や祭り、社会的慣習、伝統工芸技術などが対象。ナマハゲや「能登のアマメハギ」(石川県輪島市・能登町)、「宮古島のパーントゥ」(沖縄県宮古島市)など東北から沖縄まで8県の10の行事からなる。

無形文化遺産は世界で399件あり、同じ分野での単独登録は難しくなっている。政府は2009年に登録されていた「甑島(こしきじま)のトシドン」(鹿児島県薩摩川内市)を広げる形で、仮面・仮装の異形の姿をした者が「来訪神」として家々を訪れ、怠け者を戒めたり人々に幸福をもたらしたりする行事をひとまとめにして登録を目指した。16年3月に提案書を提出したが、登録件数の少ない国からの提案を優先するユネスコの規定に基づき昨年は審査が見送られていた。日本では能楽や歌舞伎、和食、和紙など21件が登録されている。(上田真由美)

無形文化遺産登録を勧告された「来訪神」
 男鹿のナマハゲ(秋田県男鹿市)
 吉浜のスネカ(岩手県大船渡市)
 米川の水かぶり(宮城県登米市)
 遊佐の小正月行事(山形県遊佐町)
 能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)
 見島のカセドリ(佐賀市)
 甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)※
 薩摩硫黄島のメンドン(同県三島村)
 悪石島のボゼ(同県十島村)
 宮古島のパーントゥ(沖縄県宮古島市)
※は2009年に登録済み

『朝日新聞』2018年10月24日18時12分

nice!(0)  コメント(0) 

琉球王家の陵墓「玉陵」、国宝指定に [生活文化・食文化・ファッション文化論]

10月21日(日) 

琉球王家・尚氏(第2尚王統)の陵墓「玉陵(たまうどぅん)」が国宝指定に。
玉陵.jpg
5年前、見学した時に、
「これは、すごい! こんなの見たことない」
と思った。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-10-6

琉球・奄美文化圏の葬制文化(洗骨再葬)の頂点を示すもので、国宝指定は遅いくらい。

---------------------------------------------
沖縄の建造物、初の国宝指定へ 琉球王家の陵墓「玉陵」

文化審議会は19日、琉球王家の陵墓「玉陵(たまうどぅん)」(那覇市)を国宝に指定するよう文部科学相に答申した。沖縄県では首里城正殿などが国宝だったが太平洋戦争で焼失し、戦後できた文化財保護法のもとでは県内の建造物として初めての国宝指定となる。「大前(おおさき)神社」(栃木県真岡市)や「武知家住宅」(徳島県石井町)など9件の重要文化財指定も答申した。

玉陵は首里城を居城とした琉球第二尚(しょう)王統の歴代の陵墓で、1501年に築造された。首里城跡などとともに世界文化遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」を構成する。石垣で囲まれた敷地の奥に3棟の墓室が並び、遺体を安置して白骨になった後に洗ってから納骨する琉球の葬送慣習を伝える。東アジアで独自の発展をした琉球の建築や葬墓制を象徴し、深い文化史的意義があると評価された。
(上田真由美)

『朝日新聞』2018年10月19日17時36分
https://www.asahi.com/articles/ASLBJ46N4LBJUCVL011.html

nice!(0)  コメント(2) 

二階堂ふみさんの「針突(はじち)」 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

5月16日(水)

NHK大河ドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛の2番目の妻になる奄美大島の娘・愛加那 (あいかな:1837~1902)を演じている二階堂ふみさんの「針突(はじち)」。
針突(ハジチ).jpg
針突(ハジチ) (2).jpg

「針突(はじち)」とは、琉球王国時代から明治末期まで、琉球弧(沖縄・宮古・八重山・奄美)で広く行われていた女性の刺青。
刺青(沖縄・ハジチ) (2).jpg
竹針で突いて墨を入れることから、漢字では「針突」と書く。
nice!(0)  コメント(0) 

青森県短命問題 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

12月20日(水)

今週の『週刊新潮』の中吊り広告。
2047.jpg
青森県の扱いがひどい!とTwitterで話題になっている。

6年ほど前、秋田県から自殺予防啓発事業の予算枠で講演を依頼されて、死亡率・死亡原因の分析をしたことがある。
その時、秋田県だけでなく、北東北三県(青森・秋田・岩手)のデータの悪さに愕然とした。

単に「寒い」が原因だったら、北海道の方がずっと寒いわけで、「雪に閉ざされる」だったら、山形県や新潟県だってそうなわけで・・・。

いろいろ考えて、結局、顕著な短命傾向の原因は、塩分過多な食生活と過度の飲酒だろうという結論になった。

講演後、秋田県の職員の方がそっと寄ってきて「先生の分析の通りです。でも、秋田は造り酒屋(酒造メーカー)の政治(的影響)力が強くて、その点を、なかなか強く言えないのです」と教えてくれた。

長生きすることだけが、人生の目標ではないのだから、北東北の人たちが塩辛いけどおいしいものをたくさん食べて、大酒呑んで、楽しく早死にするのなら、他地域の人があまりあれこれ言うのもどうかと思う。

大好きな「ねぷた」で跳ね回って、大酒食らって、それで早死するのなら極楽往生だろう。

nice!(0)  コメント(0) 

小谷真理さんの記事「コスプレで脱ぎ捨てる常識」 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

11月2日(木)

『朝日新聞』2017年11月1日朝刊、SF・ファンタジー評論家・小谷真理さんの記事「コスプレで脱ぎ捨てる常識」。
SCN_0104 - コピー.jpg

「コスプレは言葉と同じで、心のコミュニケーション手段」
「通常の服の形式にあてはまらない気持ちを、変身して言葉にする」

なるほど、第一人者の解説、すんなり理解できる。


nice!(0)  コメント(0) 

名簿から珍しい名字を拾う(2017年前期) [生活文化・食文化・ファッション文化論]

5月20日(土)

履修名簿が来たので、お楽しみの「珍しい名字」調べ。
「名字由来net」による順位と推定人数。

(7) 入学(にゅうがく)23182位 約180人
 豊前国(大分県北部、福岡県東南部)に分布。
 以前、どこかで見た記憶がある。

(6)温泉(おんせん)26968位 約130人
 兵庫県、北海道に多い。
 温泉に行きたくなる。

(5)我伊野(がいの)36463位 約80人
 新潟県六日町周辺に多い。
 読めるけど、たぶん初めて見る名字。

(4)絹巻(きぬまき)37108位 70人
 但馬国、兵庫県朝来(あさご)市付近に分布。
 難読ではないが、かなり珍しい。
 私のような絹好きには好ましい名字。

(3)柆田(くいだ)38350位 約70人
 備中国、岡山県高梁市・浅口市に集中。
 恥ずかしながら読めなかった。
 教員歴35年で初めて見る名字。

(2)渉里(わたり)42976位 約50人
 千葉県、北海道、群馬県に散在。
 すんなり「わたり」と読めたが、こんなに少ないとは・・・。

(1)中之前(なかのまえ)71658位 約10人
 広島県東広島市、三原市に居住。
 簡単に読めるが、とても珍しい名字。
 約10人というと2~3家族で、しかも親戚だろう。

珍しい名字の学生さんは、生活の中でいろいろたいへんなこともあるかもしれないが、これも個性だと思って、名字を大切にしてほしい。
名字は立派な生活文化なのだから。

富士山麓の野生のきのこから基準値越えのセシウム検出 [生活文化・食文化・ファッション文化論]

9月20日(火)

富士山麓で採取された野生のきのこから、280Bq/kgのセシウムが検出されたというニュース。

基準(100Bq/kg)を上回る放射性物質が検出されたのは、山梨県は14検体中2検体。静岡県は6検体中4検体。品目は、山梨県鳴沢村のオオカシワギタケ・ショウゲンジ、静岡県富士市のヤマイグチ・ツバアブラシメジ・ショウゲンジ、同富士宮市のショウゲンジ。
s_ice_screenshot_20160918-211422.jpg
注目はセシウムの比率。
セシウム134がほとんど検出されず、セシウム137が圧倒的に卓越している。
これは、半減期が134が約2年、137が約30年と違うため。
134は半減を重ねてほとんど検出できないレベルに下がっている。
それに対して137はまだそれほど減っていない。

つまり、これらのセシウムは2011年3月の福島第一原発事故起源ではないということ。
5年前の放射性物質だったらここまで大きな差にならない。
それよりずっと古い、おそらくは1950~60年代の大気圏核実験でまき散らされた放射物質だろう(計算すればある程度推定できるはず)。

ということは、こうした状況は、福一事故で放射性物質がまき散らされた東北・関東地域だけでなく、おそらく全国的な現象なのではないかという強い疑いが出てくる。

同時に、これは福一事故直後から指摘してきたことだけど、きのこには土中のセシウムを吸いあげて濃縮する仕組みがあるということ。

野生きのこをキロ単位で常食する人は気をつけた方がいいと思う。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13438.html



10月31日(土)「現代風俗研究会(東京の会)」「新・風俗学教室」第18期「食の風俗」第1回「イタリアンからイタ飯へ ~そのグローバル化とローカル化~」(黒田勇さん) [生活文化・食文化・ファッション文化論]

10月31日(土)

土曜日(10月31日)は、丸の内の成蹊大学サテライトオフィスで開催された「現代風俗研究会(東京の会)」の「新・風俗学教室」に参加。
今回から第18期に入り、「食の風俗」がテーマ。
その第1回の報告は、黒田勇さん(関西大学教授:マス・メディア論)「イタリアンからイタ飯へ ~そのグローバル化とローカル化~」。
黒田さんは『ラジオ体操の誕生』(青弓社)の著者でメディアやスポーツ、身体などに関連する幅広い論考を発表されている方。
また、「食レポ」の世界でも著名な方で、特にイタリア料理への思い入れが深い。
お人柄そのままに、自由闊達なお話ぶりで、いろいろ思い当ることも多く、とても興味深く面白かった。
こういう緩いけど刺激的なお話は、頭に入りやすく勉強になる。
自分の講義も、そうありたいと思う。

以下、私の知識も入れた適当なメモ。

(1)伊太利亜料理、事始め
1912年、東京京橋区鈴木町(現:中央区京橋2丁目)の鳥料理「高砂本店」が伊太利亜料理を始めた。
1930年代、声楽家がイタリア料理を紹介したが広まらなかった。

質疑で「イタリア料理は新潟が早い」というコメント。

(2)イタリア料理の輸入期
1960年代 カンツォーネの流行。
テノール歌手五十嵐喜芳(きよし)のイタリア料理紹介。
1968年 「ベルベデーレ」(銀座「ソニービル」7階)の開店。
   → 客の3分の1は外国人
(3)マカロニからスパゲッティへ
戦後、学校給食に出てきたマカロニ →「ララ物資」に含まれていた。
家庭料理で、マカロニがスパゲッティにとって代わられる時期?
→ 東京オリンピック(1964年)の影響だと1960年代後半?
→ 大阪万博(1970年)の影響だとすると1970年代初頭?
私の記憶では、小学校時代(1967年以前)はマカロニ。
スパゲッティは高校時代(1971年以降)から。
当時のスパゲッティは、ナポリタンかミートソースの2択。
→ ナポリタンの方が早い(洋食の付け合わせ)
埼玉県にイタリアンレストランが多い。
 → 小麦麺食文化(うどん)の伝統との関係?

(4)「フレンチ」から「イタリアン」へ ー「バブル期」の下剋上ー
1980年代、麻布「キャンティ」、神戸「ドンナロイヤ」、大阪本町「コロッセオ」などが開店。
でも、「バブル全盛期」(1980年代後半)のデート(ディナー)の主流は、圧倒的に「フレンチ」。
1989~1990年、イタリアン・デザートのティラミスが大流行。
バブル崩壊期(1990年代前半)に高価な「フレンチ」が後退して、比較的安価な「イタリアン」が台頭。
→「イタ飯」の登場、「パスタ」という言葉の普及

それまで、フランスに修業に行っていたシェフがイタリアに行くようになる。
イタリア人シェフも数多く来日して開店。

(5)ビザの普及
アメリカのイタリア料理としてのピザ。
元祖としての六本木「ニコラス」(1954年)と「シシリア」(1954年)。
→ 六本木・麻布界隈にイタリア料理の店ができたのは、占領軍(アメリカ軍)のイタリア系部隊が駐屯していたから。

アメリカの宅配ピザの展開。
 「シェーキーズ」(1973 年。赤坂に1号店)
「ピザハット」(1970年代)
「ドミノピザ」(1985年、恵比寿に1号店、最初から宅配)

(6)グローバル化とローカル化
生バジルが手に入らない時代の日本で「バジリコ・スパゲッティ」を食べる。
  → パセリと青しそを刻んで混ぜる(六本木「キャンティ」 
→ それが定着する。
刻み海苔が乗った、たらこスパゲティ → 和風スパゲッティの典型
  → バンコク「甚右衛門」でタイ人のカップルが食べていた。
  → ジャパニーズ・イタリアンの東南アジア展開

以下、「豆知識」
① ナポリタンの起源はアマトリチャーナか
アマトリチャーナは、ローマ郊外のアマトリーチェ村が起源のローマ料理。
トマトソース、玉ねぎ、グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)で作る。
組み合わせが、ナポリタンと似ている(他に同類がない)。
日本のナポリタンは、GHQに接収されていた横浜の「ニューグランドホテル」のシェフが考案。

② カルボナーラ(炭焼き職人風)は、意外に新しい。
戦前のイタリアにはない。
戦後に連合軍が大量の卵を持ち込み(イタリアも敗戦国で食糧事情が悪かった)、現地の「カシオ・エ・ペペ」(チーズと黒胡椒のみ)に卵を追加したのが起源。
「炭焼き職人風」という名称は、黒胡椒を炭の粉に見立てたもの。

③ 食後にカプチーノは飲まない
ミルクが入っているものは、基本、食べ物で飲み物ではない。
午前中に飲むもの。
食事の後に飲むのはエスプレッソ。

④ エスプレッソの起源
1930年代にトリエステのコーヒー焙煎会社「イリィ」が考案し、販売開始。
特許を公開したので急速に普及。

名簿から珍しい名字を拾う(2015年度後期) [生活文化・食文化・ファッション文化論]

10月24日(土)

出欠の突き合わせが終えたので・・・。
珍しい名字を拾って調べてみた。

大学の講師を長くやっていると、かなりの数の名字に出会う。
なので、たぶん一般の人よりかなり名字を「読める」と思うが、それでも、毎年「ちょっと自信ないな」「なるほどそう読むのか・・・」と思う名字に出会う。
あるいは、「読めるけども、珍しいな」と思う名字にも。

(1)苧園(おぞの)
52,408位 およそ30人 熊本県に集中
今回、いちばん読みに自信がなかった「たぶん『おぞの』だよね」という感じ。初めて見た。

(2)上曽(うわそ)
45,239位 およそ50人 茨城県に集中
かなり珍しいと思う。でも、どこかで出会っている気もする。

(3)正親町(おおぎまち)
43,421位 およそ50人 東京・神奈川
「勘解由小路(かでのこうじ)」「万里小路(までのこうじ)」「花山院(かさのいん)」などと並ぶ、お公家さん系の難読の名字。
起源は律令官司制で皇族の名簿を管理する「正親司(おおきみのつかさ)」、さらにそこから平安京左京の街路名「正親町小路(おおぎまちこうじ)」に由来。
その昔、平安時代政治制度史を研究していた私は間違えない。
京都起源の名字だが、お公家さんたちは「ご一新」でほとんど東京に移住してしまったので、現在は京都府にはほとんどいない。

(4)弓狩(ゆかり,ゆがり,ゆみがり,ゆみかり)
29,912位 およそ110人 岡山県に集中
有りそうで少ないと思う。
うちの学生さんは「ゆがり」と読む。

(5)梨子木(なしき,なしのき)
29,761位 およそ110人  岩手など 全国に小数分散
「子」を発音しないのがポイント
うちの学生さんは「なしき」と読む。

(6)柳泉(やないずみ,やなぎいずみ)
27,482位 およそ130人 神奈川県に集中
これも、ありそうで少ない。
うちの学生さんは「やないずみ」と読む。
これもそうだが、神奈川県の大学なので、神奈川に多い名字がいくつかある。

(7)矢定(やさだ)
26,596位 およそ140人 岡山県に集中
読みは間違えようがないが、意外に少なかった。

(8)金野尾(かねのお)
25,479位 およそ150人 佐賀県に集中
「金野」は珍しくないが「尾」がつくと珍しくなる。

(9)鷺野谷(さぎのや)
23,582位 およそ170人 茨城県・福島県に多い
今回、目にした中で、いちばん「すてきだな」と思った名字。

(10)小川名(おがわな)
19,151位 およそ250人 神奈川県に集中
地名だったら「おがわみょう」だろうが・・・。
これも神奈川県に比較的多い。

(11)棟久(むねひさ)
17,552位 およそ290人 山口県に集中
もしかして少ない?と思ったら、やっぱり少なかった。

(12)阿諏訪(あすわ)
17,018位 およそ300人 神奈川県に多い
「諏訪」は信州の名族だが、なぜ「阿」が前につくのだろう?
これも神奈川県に比較的多い。

(13)鹿股(かのまた,しかまた,かまた)
12,498位 およそ510人 宮城県・福島県に多い
「猪股」は多い(960位 およそ19,200人) が、「鹿股」はずっと少ない。
ちなみに「熊股」という名字はたぶん無い。
うちの学生さんは「かのまた」と読む。

調査は「名字由来ネット」による。


現代日本人の礼装はアンバランスか? [生活文化・食文化・ファッション文化論]

7月18日(土)

先週の土曜日、京都女子大学で開催された「デザイン史学研究会」のシンポジウムで、ドイツの大学教授が、日本の叙勲の際の写真を見せながら「男性が洋装、女性が和装というのはアンバランスで奇妙だ」という指摘をした。
TR2011110300018.jpg
↑ 2011年11月4日の文化勲章親授式。

たしかに文化勲章などを天皇陛下にいただくために宮中に参内ということになれば、男性受章者の場合、モーニングコートの礼装ということなる。
もし、国賓を迎える宮中晩餐会に招かれたら、ブラックタイにタキシードだ。
勲章を持っている人だと、ホワイトタイ&燕尾服となる。

では、女性受章者もしくは随行の夫人は・・・?
洋装の女性礼装は、ブラックタイ&タキシードに対応するのが袖のあるイブニングドレス、ホワイトタイ&燕尾服に対応するのが袖なし(ロング・グローブ着用)で胸や背中が大きくあいたローブ・デコルテということになる。
ローブデコルテ.jpg
それだけでなく、ドレスの格式に見合うアクセサリー(宝飾品)がたいへん。
ドレスと同じくらい(それ以上)お金がかかる。

それに比べて和装なら・・・。
参内する際の礼装なら色留袖なら問題なし。
それに、和装の場合、宝飾品がいらないのが大きい。

まあ、よほど欧米慣れしていて、かつスタイルに自信がある夫人以外は、和装を選択すると思う。

それを「アンバランスで奇妙」と欧米人に言われると、いささか首を捻ってしまう。

いちばん良いのは、男性が和装で参内することで、それなら夫婦ともに和装でバランス的に問題はなくなる。

男性の第一礼装は、黒羽二重、染め抜き五つ紋付の長着&羽織に仙台平の袴ということになる。
しかし、歌舞伎など伝統芸能の関係者が受章するとき以外は、あまり見られないのが寂しい。
第一礼装(男性).jpg
↑ 第一礼装(ホワイトタイ&燕尾服)のノーベル賞受賞者たち。
川端康成先生は、和装の第一礼装。

えっ、私? 絶~対に参内の機会はないので、心配ありません。
020106-2 (3).jpg
↑ 色留袖、一応持ってます(2002年1月、帝国ホテルで)。
これで参内できるはずなのですが・・・。

前の10件 | - 生活文化・食文化・ファッション文化論 ブログトップ