So-net無料ブログ作成

川崎市の人口、政令指定都市6位に [世相]

5月16日(木)

日本全体で人口減少に転じているのに、川崎市は人口増加で、ついに神戸市を抜いて、政令指定都市で日本6位に(東京を入れると7位)。
4月1日時点の推定人口155万6630人て、つい最近(2010年頃?)144万って言ってたと思う(私はそう覚えてた)・・・。
私が多摩川を渡って川崎市に引っ越した頃は120万人だったと思うから、それから30年足らずで35万人も増えた。

とりわけうちの隣の武蔵小杉地区は超高層マンションの林立で、人口増加が顕著。
IMG_7733.JPG
↑ 等々力公園から武蔵小杉駅周辺のタワーマンション群

東京駅に方面に直結するJR横須賀線武蔵小杉駅は、朝のラッシュ時には改札口に行列ができ、ホームは人があふれて危険な状態。
子供の増加で教室の増設では追い付かず、ついにこの春、小学校が新設された(小杉小学校)。

いったい、いつの時代だ?という状況。
人口増加はまだ止まらず、2030年までは増えていくらしい。

まあ、勢いがある街に住んでいるのは、悪いことじゃないのだけど、河原の陋屋の固定資産税がじわじわ上がっていくのは困りもの。

-------------------------------------------------
川崎の人口、神戸を上回る 政令指定市で6位に

川崎市は15日、今月1日現在の市の人口が152万6630人となり、152万4749人の神戸市を上回って20政令指定市の中で6位になったと発表した。武蔵小杉駅(中原区)周辺などでマンションの大規模開発が進んだことによる、転入者の増加が人口増の主な要因とみている。

川崎市によると、4月1日現在の人口は、神戸市が152万2635人で、政令指定市のなかで6位。川崎市は152万2241人で7位だった。

川崎市の人口は、政令指定市になった1972年が約98万人で、73年に100万人を突破。93年に120万人、2017年に150万人をそれぞれ超えた。市によると、2030年に158万7千人でピークを迎えるという。

政令指定市の人口(4月1日現在)の1~5位は、横浜市(約374万1千人)▽大阪市(約272万8千人)▽名古屋市(約231万7千人)▽札幌市(約196万5千人)▽福岡市(約158万2千人)となっている。相模原市は約72万1千人で18位。(斎藤茂洋)

『朝日新聞』 2019年5月16日10時36分
nice!(0)  コメント(0) 

架空の神学者を「でっち上げ」て論文を書いた教授 [世相]

5月10日(金)

すごいなぁ、手が込んでる。
まず、架空の「神学者カール・レーフラー」とその著述をでっち上げて、それを引用・分析しながら論文を書く。

なかなかできることじゃない。

さすが東洋英和女学院の院長先生ともなると、単なるコピペ(盗用)教授などとは、やることが違う。

で、思いついたのだけど、深井先生が神学者カール・レーフラーの論文「今日の神学にとってのニーチェ」を引用・分析するって、私がイギリス・ヨークシャー大学のジョージ・ポットマン教授の論文「平成日本の女装文化」を参照・分析するようなものかな。
え、違う?

----------------------------------------
架空の神学者「でっち上げ」 二転三転した前院長の説明

「赤毛のアン」の翻訳者の村岡花子の母校で知られ、キリスト教に基づく教育を掲げる東洋英和女学院(東京都)のトップが懲戒解雇された。著作に引用するため、架空の神学者や論文を捏造(ねつぞう)し、研究者や学内の調査委員会に対する説明も二転三転させた。

副学長、厳しい言葉で指弾
「でっちあげ」。10日に同学院が開いた会見では、調査委員長の佐藤智美・東洋英和女学院大学副学長が深井智朗氏の不正行為について厳しい言葉で指弾した。

「実在しない人物や論文及び借用書から捏造」「根拠なく結論が導き出された」――。人文系の研究不正では異例の捏造行為について、調査結果でも「極めて悪質」と切り捨てた。

問題となった「ヴァイマールの聖なる政治的精神」は、近代ドイツの神学を政治や社会との関係から描いた本。そこで引用した論文とその著者について、調査委はその双方が存在することを示す資料を求めた。しかし深井氏は、どちらも裏付ける資料を出せなかった。

また調査委は深井氏の「立証妨害」も認定した。深井氏の説明は揺れ動き、そのたびに確認に追われたという。雑誌「図書」に掲載された論考は、神学者の家の借用書や領収書とされる資料に基づくとされていた。ところが、深井氏が提出した8枚の資料を調べると、別の神学者が書いた議事録と判明した。

学院の外にも波紋が広がっている。「ヴァイマールの聖なる政治的精神」の版元の岩波書店はすでに出荷を停止。「図書」での訂正・おわびの掲載については「報告書を精査してから対応したい」としている。

深井氏は、今回の調査対象とは別の著書「プロテスタンティズム」(中公新書)で、昨年、読売・吉野作造賞を受賞している。主催する読売新聞グループ本社広報部は「受賞作については、不正疑惑の発覚後、研究者2人に内容の精査を依頼するなど慎重に調査を進めてきました。今後、外部有識者らによる選考委員会で受賞の取り扱いを検討します」とコメントを出した。(磯村健太郎、宮田裕介)

『朝日新聞』2019年5月11日00時02分
https://www.asahi.com/articles/ASM5B5FV4M5BUCLV00J.html?iref=comtop_8_08
nice!(0)  コメント(1) 

新・皇后陛下の笑顔 [世相]

5月1日(水・祝)

御所に向かう皇后陛下の満面の笑顔が印象的。
新皇后.jpg
きっと、病状(適応障害)は良くなると拝察。

でも、くれぐれもご無理はなされませぬように。

nice!(0)  コメント(0) 

徳仁親王殿下、践祚。令和の御代始まる [世相]

5月1日(水・祝) 

5月1日0時、皇太子徳仁親王殿下は、父帝の譲りを受け践祚あそばされ、126代天皇となられ、126代天皇となられ、令和の御代が始まりました。

まことに、めでたいことであります。

個人的には、待ちに待ったほぼ同世代(5歳違い)の皇子の登極であり、また同じ時期に歴史学の研鑽に励んだ者同志として、たいへん喜ばしく思います。

30数年前、箱根・芦の湯で、数回、殿下ご同宿の栄に浴し、間近にご尊顔を拝したことを思い出します。

令和の御代が安泰であり、末永きことをお祈り申し上げます。

nice!(1)  コメント(0) 

譲位の詔を発せられる [世相]

4月30日(火)

17時過ぎ、今上陛下、譲位(御位を譲りたまう)の詔を発せられる。

本日(30日)24時をもって御代替わり、平成から令和に改元。

本来は、譲位・新天皇践祚と同時に、剣璽移動のはずだが、それは5月1日10時30分から儀式。

今上陛下は、英明・威厳という点では父・昭和天皇に及ばずとも、温和なお人柄で、常に誠実に国民に接せられた。
不幸にも災害が多かった平成の御代ではあったが、とにもかくにも戦のない平和な時代の象徴であられた。

皇后陛下は、今上陛下にとって最高の伴侶であるとともに、もっともすぐれた輔弼者であられた。
古の世の、光明皇后(聖武天皇の皇后藤原安宿媛)、檀林皇后(嵯峨天皇の皇后橘嘉智子)と並ぶ賢后と称えられるべきと思う。

御位を譲られて後は、どうか御心穏やかに過ごされますように。
両陛下のご長寿を心から願い奉る。

nice!(0)  コメント(0) 

新・一万円札は渋沢栄一翁 [世相]

4月9日(火)

2024年度に紙幣のデザインが一新されるのこと。
新・紙幣.jpg
1万円札は明治の実業家・渋沢栄一翁、5000円札が日本最初の女子留学生&津田塾の創始者・津田梅子、1000円札が細菌学の北里柴三郎博士。

1万円札になる予定の渋沢栄一(榛沢郡血洗島村=現:深谷市)は、埼玉県が生んだほとんど唯一の「偉人」。
渋沢栄一(お札)1.jpg渋沢栄一.jpg
埼玉県民は、小学校でそう教わる。

あとは、運輸大臣の時に選挙区に急行を止めた荒舩清十郎先生(秩父市)と女子プロレスラーのダンプ松本(熊谷市)くらいしかいない(笑)。

ちなみに、渋沢栄一の出身は、武蔵国榛沢郡血洗島村(現:埼玉県深谷市血洗島)というすごい地名の場所。

アナウンサーの小宮悦子は入間市の育ちだが、生まれは東京都なので純血埼玉県民ではない。
アナウンサーなら小島奈津子が蕨市の出身。

それはともかく、新札が発行になるとき、
「旧札は1カ月後に使用停止になりますから、新札とお取替えください」
ということ(新円切り替え)になる悪い予感がする。

高齢者が持っている膨大な「引き出し貯金」を顕在化しようとする政財界の陰謀?
戦後混乱期の歴史を勉強していると、「預金封鎖&新円切替」がすぐに思い浮かぶのだ。



nice!(0)  コメント(0) 

新元号は「令和」(れいわ) [世相]

4月1日(月)

5月1日から使われる新元号は「令和(れいわ)」

「令」が頭にくる元号は、日本でも中国でもない。
さらに言うと、2字目としても使われていない字。
異例というべきか、新味があると言うべきか。

典拠は、なんと『万葉集』巻5(815番歌)の序。
「初春月、気淑風
(初春の令月にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後の香を薫す)

長~い慣例(伝統)である漢籍からの引用を嫌い、国書(日本の古典)から採用した完全な安倍色。
---------------------------
梅花謌卅二首并序

天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、促膝飛觴。忘言一室之裏、開衿煙霞之外。淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情。詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

梅花の歌三十二首、并せて序
天平二年正月十三日に、帥の老(大伴旅人)の宅に萃(あつ)まりて、宴会を申く。時、初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す。加以(しかのみにあらず)、曙の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥は穀(うすもの)に封(こ)められて林に迷ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故鴈歸る。是に於いて、天を盖(きぬがさ)とし地を坐とし、膝を促け觴(さかずき)を飛ばす。言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然と自ら放(ほしきさま)にし、快然と自ら足る。若し翰苑(かんえん)に非ずは、何を以ちて情を壚(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしえ)と今とそれ何そ異ならむ。宜しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

---------------------------
奈良時代、『万葉集』の序(漢文)を書くくらいの人なら、当然、漢籍の知識は豊富なわけで、当時の作文の作法からしても、典拠がある。

後漢の学者・科学者、張衡(78-139)の「歸田賦」(『文選』収録)に、
「於是仲春令月、時和氣清、原隰鬱茂、百草滋榮」
とあるのが、『万葉集』巻5(815番歌)の序「初春令月、気淑風和」の典拠。

漢字を使っている限り、漢籍(中国文化)からは逃れられない。
---------------------------
『万葉集』→和歌→国風、という連想をしている人がけっこういるみたいだけど、『万葉集』の中の序は漢文。
で、その頃の日本文人が書く詩文には漢詩文からの引用・翻案が多い。

「令和」の出典の『万葉集』巻5「梅花謌卅二首并序」は、天平2年(730)、大宰帥(長官)大伴旅人以下、大宰府や筑前国府の官人たちの酒宴の場で作られた。
当時の文人なら漢詩文を下敷きに、このくらいの漢文はほとんどその場で作れたはず。
その際に参照したのが張衡(後漢)の「帰田賦」ということ。
---------------------------
新元号の2字目、「平成」との連続性を意識して「平」かと予想していたが、
結局「和」で、「昭和」が意識された形に。
まあ、安倍首相の(昭和戦前期への)志向性からしたらそうかな。
---------------------------
マスコミが「令和(れいわ)ちゃん」を探し始める。
たぶん、日本中のどこかにいるのではないだろうか。
と思ったら、早稲田大学政治経済学部教授に川岸令和(のりかず)氏がいらっしゃるとのこと。
岐阜県飛騨市在住の2歳の女児は「令和(れな)ちゃん」。
---------------------------
元号案は6案。
出典は漢籍3、国書3。
採用されなかったのは、「英弘(えいこう)」「広至(こうじ)」「万和(ばんな)」「万保(ばんほ)」など。
(もう1つは「久化(きゅうか)」)

『朝日新聞』スクープ。


nice!(0)  コメント(1) 

新元号の予想 [世相]

3月30日(土)

新元号、平成との連続性で「平」が入るかも。
「治平」とか、「和平」とか。

「永平」は、曹洞宗大本山の永平寺(福井県)があるから駄目かな。

それなら「元平」の方があるかも。

でも、決めるの安倍ちゃんだからな。
今までの元号選定の慣行を(理解できないから)全部無視して、とんでもないものを出してくるかも。

nice!(0)  コメント(0) 

職務質問の男女差(その2) [世相]

12月29日(金)

「職務質問」の男女差については、以前にも書いたことがあるが・・・。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2018-05-20-1
この記事では、データ(数字)が出ているのが、おもしろい。
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161860440/?fbclid=IwAR2fBKFpZN_lZgPxGFy5Razz8iMW2rAHeN3kZnGeOMLkFZgTQ8S0WRxXfn0
警察官の職務質問された経験がある人は、全体の19.5%で、男女別では女性が8.5%なのに対して男性は30.6%と3倍以上。
世代的には50代男性は37.5%と突出、逆にもっとも低いのが60代女性で3.8%。

私みたいなトランスジェンダーは、見るからに怪しいわけで、世の中的には、さぞ職務質問されまくりだろう、と考える人が多いと思う。

でも、実際は一度もない。
私だけでなく、多くのTrans-womanがそうだと思う。

警察的には、Trans-womanより、30~50代の男性の方がよほど怪しいのだ。

オウム真理教事件のM容疑者が「女装して逃亡している」という話があったとき、新宿追分交番の巡査とちょっと話をする機会があった。
「私たちを職質しないのですか?」と尋ねたら、
「新宿の警察官は本物(の女装者・ニューハーフ)と『にわか』の区別がつかないとやってられませんから」という返事だった。

今調べたら、1995年のことで、容疑者は翌年逮捕された。
犯罪者が「にわか」女装しても、実際はかえって悪目立ちするだけで、効果はあまりない。

nice!(0)  コメント(0) 

祥瑞だ! 改元しよう! [世相]

12月7日(金)

白い狸が出現したので、祥瑞ということで改元。
来年から元号は「白狸(びゃくり)」になります。

歴史的に改元には次の4つがある。
① 祥瑞改元(珍しい=めでたい動植物や現象が出現したので改元)
② 災異改元(災害や天に異変がおこったので改元)
③ 即位改元(天皇の即位にともなう改元)
④ 辛酉改元(60年に1度の辛酉の年には革命が起こるので改元)

祥瑞改元(吉兆とされる現象をもって新しい年号をたてる)は、飛鳥時代~奈良時代に行われていた。
白雉、朱鳥、大宝、慶雲、和銅、霊亀、養老、神亀、天平、天平感宝、天平宝字、天平神護、神護景雲、宝亀など、みんな祥瑞改元。

-----------------------------------
山口 白いタヌキ発見!
m_tys-20181206-00029421.jpg
tysスクープ投稿サイトに珍しい映像が寄せられました。「白いタヌキです」。山口市嘉川で撮影された白いタヌキです。3匹でエサを食べている様子が写っています。

「tysテレビ山口」2018年12月7日(金) 8:36 掲載
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6305866?fbclid=IwAR0kt81UAtSLvUi6OepOKQyerAdFpL3pkCVNbh6yDrZsIWLWKFdNYnvQgKE

nice!(0)  コメント(0)