So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

7月14日(土)中央大学(第3回)「LGBTと法律  性別の変更について考える」 [お仕事(講義・講演)]

7月14日(土)  晴れ  東京  35.4度  湿度65%(15時)

9時、起床。

化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。

12時過ぎ、早めに家を出る。

14時過ぎの炎天下、富坂(後楽園前から本郷台へ上がる坂)を上がっていて、あまりの暑さに意識が遠のきそうになる。

なんとか到着。
IMG_2805.JPG
おっ、ここだ。
IMG_2806.JPG

15時、中央大学×LLAN連続講座「LGBTをめぐる法と社会-過去、現在、未来をつなぐ」
(第3回)「LGBTと法律  性別の変更について考える」開会。
長島佐恵子さん(中央大学:英米文学・ジェンダー論)の開会挨拶。
IMG_2809.JPG

谷口洋幸さん(金沢大学:国際人権法)の解説。
IMG_2810.JPG

私(野良:ジェンダー史)の講演
IMG_2808.JPG

渡邉泰彦さん(京都産業大学:民法・家族法)の講演
IMG_2811.JPG

質疑応答。
ものすごい数の質問要旨がものすごい数(30枚以上)。
限られた時間では、すべてにお返事できず、申し訳ない。

それにしても、国際人権法の権威の谷口洋幸さんの司会で、本物の法学者の渡邉泰彦先生と並んで、法律なんてほとんど素人の私が質問に応えているのだから、考えてみればひどい話だ。
重ねて、ほんと申し訳ない。

私が勉強した法律って律令法(養老律令)。
それと、小林宏先生(滝川政次郎先生の高弟)の「日本法制史」の講義をモグって聴講しただけ。

17時過ぎ、閉会。

猛暑の中、ご来場の皆様、ありがとうございました。
約100名の参加者があり、お蔭さまで有意義な会になりました。

地下の生協食堂で、懇談会。

その後、富坂途中の「イタリアン・酒場」で会食。
180714-3.JPG

180714-3 (1).JPG

180714-3 (2).JPG
22時過ぎ、散会。
23時、帰宅。

暑さで疲労困憊。


nice!(0)  コメント(0) 

7月13日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第13講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」 [お仕事(講義・講演)]

7月13日(金)  晴れ  東京  33.8度  湿度61%(15時)

8時半、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
180713-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。
IMG_2794.JPG
11時10分、家を出る。
今日は暑い。
紅い百日紅が咲いた。
IMG_2793.JPG

東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
駅近くの「ドトール」で休憩。
180713-2.JPG
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2796.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

渋谷東横店ので買った崎陽軒の「しゅうまい弁当」(830円)。
180713-3 (1).JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、コメント票に応える
第13講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」に入る。

3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
------------------(ここから)-------------------------------
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。

自宅も寄り駅前の「東急ストア」で買い物。

17時半、帰宅。

夕食は、ドライカレーを作る。
180713-4 (1).JPG
完熟トマト。
180713-4 (4).JPG
家猫さんが即売所から買ってきた。
大きなのが3つで200円。
美味!

生野菜。
180713-4 (2).JPG
サーモン丼
180713-4 (3).JPG

お風呂に入って身体と髪を洗う。

就寝、3時。


nice!(0)  コメント(0) 

お茶の水女子大学、トランスジェンダー受け入れ、新聞各紙の比較 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月12日(木)

お茶の水女子大学がトランスジェンダーを受け入れることについての新聞各紙の記事の比較。

いちばん熱心なのは朝日新聞。10日朝刊に大きな記事、11日朝刊に記事と社説。
文字数が多く内容が詳細で、コメントも各方面に(私のコメントも)取っている。
ただし、社説は論点が分裂していて、知っていることを並べた駄目な学生のレポートみたい。
朝日新聞20180710 - コピー.jpg
↑ 10日朝刊
朝日新聞20180711 - コピー.jpg
↑ 11日朝刊
朝日新聞20180711社説 - コピー.jpg
↑ 11日朝刊・社説
それと他紙と比較して気になるのは、見出しに「心は女性」「心の性」を連発し、「トランスジェンダー」を使っていないこと。
お茶大は公式発表で「性自認」「トランスジェンダー」と言っているのに、なぜ使わないのだろう?

読売新聞は10日夕刊に事実関係だけの記事が掲載された模様(紙面未入手なので未確認)。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180710-OYT1T50077.html
あまり熱意は感じられない。

毎日新聞は11日朝刊に記事と社説。
記事に付された藤沢美由紀記者の解説が的確。
性別違和の問題を、長年、取材してきた蓄積が生きている。
毎日新聞20180711 - コピー.jpg
↑ 11日朝刊
毎日新聞20180711社説 - コピー.jpg
↑ 11日社説

日本経済新聞は10日夕刊で事実関係を報じ、11日朝刊に解説主体の記事。
京都府立高校教員で大阪府立大学のトランスジェンダー大学院生でもある土肥いつきさんの「トランスジェンダーが大学に入ってもなにも起きない」というコメントを掲載したのは秀逸。
日本経済新聞20180711 - コピー.jpg
↑ 11日朝刊

東京新聞はお茶大OGの奥野斐記者が担当だが、事実関係だけ。
「地元」紙なのだから、もう少し突っ込んでもよかったと思う。
東京新聞20180711 - コピー.jpg
↑ 11日朝刊

産経新聞は11日朝刊に事実関係の記事。
とくに批判的な見解は見られない。
産経新聞20180711.jpg
↑ 11日朝刊

ついでに、「NHKニュース」(2018年7月10日 12時11分 教育)も。

お茶の水女子大学 トランスジェンダーの学生受け入れを発表

東京・文京区にあるお茶の水女子大学は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの学生を、2020年度から受け入れることになりました。

これは、お茶の水女子大学の室伏きみ子学長が10日、記者会見を開いて明らかにしました。

それによりますと、大学はこれまで入学の条件を戸籍上の女性に限定していましたが、2020年度からは戸籍上の性別が男性でも、本人が自覚する性別が女性であるトランスジェンダーの学生も受け入れることを決めたということです。

受け入れに向けて、大学は委員会を設置して受験者がトランスジェンダーであることを確認する方法を検討するとともに、トイレなど必要な施設の整備を進めるということです。

大学は学生や保護者などに対し説明会を開く予定で、室伏学長は「多様な性への理解が求められる中、すべての女性が差別や偏見から解放され、学問を学べるようサポートしたい」と話しています。

お茶の水女子大学は、明治時代に日本で初めての女性の高等教育機関として創設され、現在は学部生と大学院生、合わせておよそ3000人が学んでいます。

文部科学省によりますと、国内の女子大学は国公私立合わせて77校ありますが、今回のお茶の水女子大学のようにトランスジェンダーの入学を容認するケースは異例だということです。

学生「当たり前」「広まるきっかけに」
お茶の水女子大学に通う学生からは、トランスジェンダーの受け入れに前向きな声が聞かれました。

大学3年の学生は「この取り組みによって、全国の女子大学でトランスジェンダーの学生の受け入れが広まるきっかけになってほしいです」と話していました。

別の学生は「ようやく当たり前の取り組みが女子大学でもは始まったなと思いました。ジェンダーについて理解のある教員や学生が多いと思うので、戸惑いもあるかもしれないが、みんなで学んでいきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011526201000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
nice!(1)  コメント(1) 

八景飲み会 [交友]

7月11日(水)

午後、渋谷で「中国気功整体院」で身体をメンテナンス。

その後、湘南新宿ライン(横浜駅乗換)京浜急行で、はるばる金沢八景駅へ(1枚目)。
半年ぶりだけど、相変わらず工事中。
IMG_2778.JPG
路盤がつながり、シーサイドラインの駅本体の工事に入ったようだが、完成はまだまだ先。

駅から5分足らず歩いて・・・、おっ、ここだ。
IMG_2780.JPG
目的地は「ヘアーサロン・ベア」じゃなく、2階の「沖縄料理・味源」。
IMG_2779.JPG

今夕は、「八景飲み会」。
関東学院大学人間共生学部の神野由紀授教(デザイン史)と非常勤講師の飲み会。
私も関東学院大学に着任した2015年以来のメンバー。
今回は、神野さんと宮入恭平さん(社会学:音楽文化論)と私の3人。

久しぶりのオリオンビールと沖縄料理。
IMG_2781.JPG
IMG_2783.JPG

好物の海ブドウも食べられて満足。
IMG_2782.JPG
明るいうちからビールを飲んで、いろいろおしゃべりして、楽しい時間だった。

nice!(0)  コメント(0) 

お茶の水女子大学、トランスジェンダー学生の受け入れを決定 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月11日(水)

ちょっとだけ、コメントが載りました。

『朝日新聞』2018年7月11日朝刊
朝日新聞20180711 - コピー.jpg

記事の見出しに「トイレや更衣室整備」とあるが、論理的に言えば、大学が「女子扱い」で入学を許可したのに、トイレや更衣室を「女子」と別扱いにするのは、矛盾している。

施設管理者(大学)が「女子」認定しているのだから、女子トイレや女子更衣室を使用するのに問題はないはず。

まあ、現実にはなかなかそう簡単にはいかないのはわかるけど。

私も2005年度、お茶大に非常勤講師で呼ばれた時は、「学内女性扱い」だったので、女性トイレを使えたはずだが、実際には多目的トイレを使っていた。

トイレの使用は、変に規則化せず、ケース・バイ・ケースがいちばん現実的だと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりのデート、久しぶりの神楽坂 [交友]

7月10日(火)

明治大学(駿河台)の講義の後、『朝日新聞』の取材対応で疲れ果て、蒸し暑さの中、神楽坂の上りで残りのエネルギーを使い果たし、毘沙門天さんの境内で、ぐったり。
IMG_2762.JPG
IMG_2767.JPG

10分ほど半死状態で倒れていたら、おゆうちゃん出現。
IMG_2769 - コピー.JPG
わ~い、久しぶり~ぃ

早速、二人のお気に入りの「魚串」へ。
水茄子
IMG_2771.JPG

キスの串揚げときびなご。
IMG_2773.JPG
キスの串揚げ、あつあつ、ほくほくで美味。

魚介串盛り。
IMG_2774.JPG

きびにゃご、きびにゃご(お代わりの2串目)。
IMG_2775.JPG

私の好物のホワイト・アスパラカス焼き。
IMG_2776.JPG

久しぶりのデート、久しぶりの神楽坂、昼間の疲れが吹き飛ぶ、楽しい夜だった。


nice!(0)  コメント(0) 

お茶の水女子大学の記者会見の要旨(又聞き) [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月10日(火)

明治大学(駿河台)「ジェンダー論」の講義の後、取材に来た某新聞記者に逆取材した、お茶の水女子大学の記者会見の要旨。

① 女子大学という形態は堅持する。学内から共学化の意見は出ていない。
② 「女子」限定の入学条件(学則)も変えない。ただ「女子」の解釈を従来の戸籍性のみから「性自認」にも拡大する。
③ 具体的に、トランスジェンダーの受験希望者には「受け入れ委員会」(のようなもの)を設置して対応する。
④ トランスジェンダーの受験希望者には、一般の受験希望者とは別枠で、事前に受験申請書を提出してもらう。
⑤ 受験申請書には、性自認(が女性であること)の証明書類(必ずしも診断書とは限らない)を添えてもらう。
⑥ ただし、証明書類がなくても、受験申請は受け付ける(が受験を認めない場合もある)。
⑦ 「受け入れ委員会」は入学後の学生生活についても相談に応じる。

又聞きなので、誤りがあるかもしれないが、だいたいこんな感じ。
受験希望者が願書を出す前に、ある程度(どの程度かはわからない)フィルターにかけるという仕組みは、「なるほど」と思った。

以下は、私の推測というか感触。

建前としては「性自認が女性であること」が受験申請の条件になっているが、現実にはトランスジェンダーであることの実質性(女性として生活していること)が求められるように思う。

完璧でなくてもある程度は女性として社会適応していないと、女子大学における学生生活はかなり辛いものになり、本人のためにならないと思うから。

つまり、それまで男性として生活していて「これから女子大生をします」というような人は、おそらく受験NGになるのではないか、という推測。

あと、難しいのが、すでに4年制大学を卒業しているトランスジェンダーが、女子大生になりたい、女子大の卒業証書を得たい、それによって「女子」してとと認められたいという「承認欲求」から、受験申請するケース。

こうしたケース、必ず出てくると思う。
それが悪いこととは思わない。
明確な判定基準は設定しにくいが、受験(志望)動機が今回の特例措置の趣旨に適合しないように、私は思う。

より多くのトランスウーマンに女子大学での就学の機会を開くという理念(理想)と、実際の女子大の教育・研究・キャンパスライフを混乱なく円滑に行うという現実の間で、難しい選択(判断)を迫られることになると思う。

nice!(0)  コメント(0) 

7月10日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」 [お仕事(講義・講演)]

7月10日(火)  晴れ  東京  32.8度  湿度63%

8時半、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
IMG_2758.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。

11時過ぎ、家を出る。
今日も暑い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
車中、コメント票を読む。
早く着きすぎたので、靖国通りの「ドトール」で休憩。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2759.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。

30分前に教室へ。
レジュメをセットし、パワーポイントの準備。
講師控室に戻って腹ごしらえ。
IMG_2760.JPG
玄米おにぎりと鶏のから揚げ。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」の補足。

続いて、第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」に入る。

1 セクシュアリティ観の変遷―「色」から「恋愛」へ―
 (1)前近代セクシュアリティ観
 (2)近代のセクシュアリティ観
 (3)「恋愛」概念の誕生
 ※ 「愛」はどこから来た?
2  「結婚」の歴史
 (1)形態的に
---------------(ここまで)--------------------- 
 (2)階層的に
 (3)制度的に
-----------------(ここまで)-----------------
3 近代における結婚システム
 (1)見合い婚
 (2)「囲い込み婚」(職場結婚)
 (3)恋愛結婚

15時10分、終了。
来週が最終回ということを考えると、もうちょっと進みたかったが、まあ、仕方がない。

講師控室で、佐々木掌子准教授と意見交換。
16時、辞去。
(続く)



nice!(0)  コメント(0) 

東松山市長選挙 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月9日(日)

お疲れさまでした。
----------------------------
埼玉県東松山市長選挙(開票終了)

森田光一(無・現)19,094票(得票率72.7%)
安冨 歩(無・新) 7,154票(得票率27.3%)

nice!(1)  コメント(0)