So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

美術授業用の頭蓋骨「本物」 [事件・事故]

12月6日(木)

どういう経緯で、本物の頭蓋骨が、高校の美術デッサンの備品になったのか? 
同じ鹿児島市で2件ということは、たまたま偶然ではなく、探せば他の地域にもあると思う。

理科(生物)の教材の人体(骨格)模型が、実は本物の骨という噂は、古い学校ならよくある話(私の出身高校にもその噂、あった)。
鶴丸高校(旧制一中と一高女)も甲南高校(旧制二中と二高女)も旧制以来の伝統がある古い高校とのこと。

まさか、そこらから拾ってきたものではなく、医学部の解剖実習に献体された方の頭蓋骨が、学校教育用(教材)に寄贈されたものかもしれない。

戦後混乱期には、身元不明の未収容の人骨があちこちにあったように思う。
現在より人骨に対して鈍感だったように思う(現代が過敏な気がする)。

この頭蓋骨で熱心にデッサンの勉強をしていた、美術志望の生徒さんの感想も聞きたい。

---------------------------------------------
美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。

この頭蓋骨について、鹿児島市は5日付の官報に、身元が分からず引き取り手のない死者として掲載。県教委は今後、他校でも同様の事例がないか調査する。

『読売新聞』2018年12月06日 10時34分 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50027.html?fbclid=IwAR3I9p_z1B2wTH6QANWh2sdp358HZC4U052E5bIttMV1SAXL_AlNUqbXPKE
nice!(0)  コメント(0) 

日本のHIV/AIDS対策がトランスジェンダーを包摂できなかった理由 [現代の性(HIV・性病)]

12月6日(木)

なぜ、日本のHIV/AIDS対策がトランスジェンダーを十分に包摂できなかったのか? 畑野とまとさんの見解と私見を合わせて考えると・・・。

① アメリカで、1970年代末から進行したゲイリブからトランスジェンダーを排除する動きが、HIV/AIDS対策にも影響し、トランスジェンダーを軽視したシステムが、そのまま日本に持ち込まれた。

② 日本では1990年代末に、性別移行の病理化が急速に進み、ゲイリブからの距離が開いた結果、HIV/AIDSに関する啓蒙・調査対象から外れてしまった。

③ 日本では、トランスジェンダー・コミュニティにおける感染例が(セックスワーカーは別として)きわめて少なく、HIV/AIDS対策を自発的に求める意識と機会がなかった。

--------------------------------------
畑野とまと‏ @hatakeno_tomato ·
たぶん忘れられていた結果が、現在のHIV感染ハイリスク組としてトランス女性があげられているといった所で…。70年代末あたりからじわじわと押し寄せたトランス排除の流れと、トランスの急速病理化の流れによりゲイリブから距離が開いて、結果HIVに関する啓蒙からも外れてしまって…
https://twitter.com/hatakeno_tomato/status/1070598755303342080


nice!(0)  コメント(0) 

「日本エイズ学会・学術集会」の投稿に思う [現代の性(HIV・性病)]

12月6日(木)

FacebookやTeitterで、たくさん流れてくる「日本エイズ学会・学術集会」の投稿を見ていて、ゲイの人たちにとっての「エイズ学会」って、トランスにとっての「GID学会」と似てるなぁ、と思った。

どちらも学術的な議論を目的に開催されるのだけど、古参の参加者にしてみると「同窓会」的な集まることに意義があるみたいな。

歴史はエイズ学会が32回、GID学会が20回で、エイズ学会の方がかなり長いし、たぶん資金もエイズ学会の方が潤沢(というかGID学会があまりにしょぼい)だと思う。

その分、なんだか楽しそうな感じがするのは「隣の芝は青い」だろうか。

まあ、そんな気楽な感想を書けるのも、エイズが「死病」じゃなくなったからなのだけど。
あの時代を生き抜いた一人として、ほんとうに良かったなと思う。

ただし、近年になるまで、エイズ学会にトランスジェンダーがほとんど参加してこなかった現実、つまり、エイズ問題にトランスジェンダーをしっかり包摂してこなかったことは、やはり問題だったと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

12月5日(水)月一連載の執筆 [お仕事(執筆)]

12月5日(水)  東京  20.2度  湿度55%(15時)

11時、起床。
ぐっすり眠って、ほぼ疲労回復。

朝食はアップルパイとコーヒー。
181205 (1).JPG

昼食はうどんを茹でる。
181205 (3).JPG

長崎五島(テル鮮魚)の鯖の生節を入れてみる。
181205 (2).JPG181205 (4).JPG
味があまりない。
出し汁に漬けておく。
181205 (6).JPG
食べ方にちょっと工夫がいりそうだ。

今日もやたらと暖かい。
東京の最高気温は20.2度で平年より6.9度も高い。

夕食は、牛切り落とし肉を炒める。
181205 (7).JPG

九条ネギを炒める。
181205 (5).JPG

お風呂に入って温まる。

夜中、月一連載「人の数だけ『性』がある」の執筆。
第9回は「性別移行と手術要件」(約2500字)。

明け方までかかって、なんとか最後まで書いたから、明日、手直しすれば、編集者に送れそう。

就寝、5時半。
nice!(1)  コメント(0) 

「股旅堂」20号記念目録 [性社会史研究(一般)]

12月5日(水)

いつもお世話になっている古書店「股旅堂」さんの20号記念目録。
DsQr9tSV4AAkEdt.jpg
目玉商品は「阿部定事件」(1936年5月、仲居をしていた阿部定が、東京市荒川区尾久町の待合「満佐喜」で、愛人の男性を絞殺した上、男根を切断した殺人・遺体損壊事件)の現場検証写真。

阿部定の弁護をした竹内金太郎弁護士の旧蔵品で、写真乾板6枚+ネガ4枚で、価格はなんと100万円。

目録では袋とじになっているけど、私は開ける勇気がない。


nice!(0)  コメント(0) 

熊本市も同性パートナーシップ制度導入へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月5日(水)

熊本市も同性パートナーシップ制度を導入へ。
来年(2019年)4月から。

政令指定都市(20)の状況
【既に導入】札幌市、福岡市、大阪市
【導入予定】堺市、千葉市、熊本市、さいたま市、
【検討中】名古屋市
【その他】仙台市、新潟市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、浜松市、京都市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市

-----------------------------------------------------
熊本市、性的少数者の「パートナーシップ制度」導入へ

熊本市は来年4月から、性的少数者のカップルを公的に認定する「パートナーシップ制度」を導入する。大西一史市長が4日の記者会見で明らかにした。

対象として想定するのは20歳以上の同性カップルや、生まれつきの性別とは性自認が異なる人(トランスジェンダー)などで、どちらかが性的少数者のカップルを含む。市役所で宣誓を交わすと、関係を証明するカードを配布する。市営住宅に申し込めるようにするなど、制度の詳細を今年度中に検討するという。

同様の制度は2015年以降、東京都渋谷区、世田谷区など9自治体が導入。九州・沖縄では那覇市、福岡市が導入している。大西市長は「制度によって市民の理解を深めることができる。性的多様性に関しては統一的な法制度が必要で、国会でも議論してもらいたい」と話す。(大畑滋生)

『朝日新聞』2018年12月4日23時38分
https://www.asahi.com/articles/ASLD43HR0LD4TLVB003.html

nice!(0)  コメント(0) 

12月4日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2))―身体と装いの間―」 [お仕事(講義・講演)]

12月4日(火)  晴れ  大月  24.6度

5時過ぎ、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_4956.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。

多色使いの植物柄のチュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

7時、家を出る。
今日も、新丸子駅から東急東横線→東京メトロ副都心線のルート。
新宿三丁目駅で下車して、人の少ない。地下道を歩いてJR新宿駅東南口に出る。

8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。

9時48分、大月駅に到着。
大月駅10時02分発の「フジサン特急3号」に乗り換え。

富士山は、山頂に着いた大きな傘雲。
富士急行田野倉駅直前
IMG_4957.JPG
富士急行田野倉~禾生駅間
IMG_4958.JPG

10時20分、都留文科大前駅に到着。
温かいじゃなく、暖かい。

10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、3枚×410部を印刷。
働き始めると、長袖では暑くて、腕まくり。
12月なのに異常だ。
大月の最高気温は24.6度で、12月としては観測史上1位。
東京も最高気温23.4度で平年より9.9度も高く、観測史上5番目の高温。

10時50分、講義開始。
まず、第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」の残りを解説。

1 衣服の機能
(1)性器の隠蔽
(2)身体の保護・保温
(3)着心地・運動性
 (Topic1)貴族女性のドレスと運動性
---------------------(B組ここから)---------------------
(4)性別(ジェンダー)指標
 (Topic2)「モテ服」の不思議 
---------------------(A組ここから)---------------------
 (Topic3)「お立ち台ギャル」は誘っているのか?
(5)身分指標
 (Topic4) 武士は、なぜちゃんと着衣しているのか?
 (Topic5) 欧米における娼婦の記号  
(6)自己表現 
 (Topic6)  ふたたび、性的誘引か、自己表現

残り30分で、第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」に入る。
1 「衣服」の構成要素 ―どこまでが装い?どこからが身体?―
 (1)服
 (2)装身具
 (3)身体装飾
 (4)身体変工
----------------(ここまで)-----------------
2 ファッションとジェンダーの構造
 (1)裸体と着衣のジェンダー&セクシュアリティの構造
 (2)「見えない強制」の構造―「させられている」のか「しているのか」?―
3 ファッションとジェンダーの基本
 (1)ファッションとジェンダーの非対称性
 (2)ファッションの基本的自由と社会性
 (3)ファッションの自己決定の重要性

だいぶ追いついたが、まだ少し遅れている。

昼食は「新潟三新軒」の刻みわさびで食べる「焼肉弁当」(1150円)。
IMG_4961.JPG
安定のおいしさ。
IMG_4960.JPG

昼休みの中庭。すっかり冬景色。
IMG_4962.JPG
定点観測の中庭の銀杏。
IMG_4963.JPG
4号館前の紅葉。
IMG_4964.JPG
どんどん散っている。

15時19分発「ふじさん特急10号」に乗車。
車中、コメント票の整理。
大月駅15時37分着。
16時01分発「かいじ116号」に乗り換え。
車中、出欠記入。
立川駅16時38分着。
南武線は1本やり過ごし、16時53分発に乗車。
疲労で眠りに落ちる。
17時40分、武蔵小杉駅に帰着。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
12月なのに珈琲フロートなどを飲む。

夕食は、家猫さんと回転寿司へ。
181204-4 (1).JPG
181204-4 (2).JPG
181204-4 (4).JPG
181204-4 (5).JPG
疲労激しく、食欲がなくあまり食べられない(4皿)。

帰宅後、1時間半ほど仮眠。
起きだして、いろいろ片付け。

夜中、某月刊誌のインタビュー原稿を手直して、編集者に送信。

4時、お風呂に入って温まる。
就寝4時半。
ほとんど「24時間働けますか」状態。


nice!(0)  コメント(0) 

12月3日(月)コメント票読み [日常]

12月3日(月) 東京  曇り  17.0度  湿度70%(15時)

11時、起床。
朝食は、久しぶりに洋梨のデニッシュとコーヒー。
181203 (1).JPG

昼食は、レトルトカレー(ザ・ホテルカレー)。
181203 (2).JPG
まずまず辛い。
181203 (3).JPG

午後~夜、都留文科大学のコメント票読み。
シャワーを浴びて髪を洗う。

夕食は、常夜鍋(豚肉のしゃぶしゃぶ)。
181203 (4).JPG
181203 (5).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、0時。
nice!(0)  コメント(0) 

ドラマ「女子的生活」(NHKテレビ、2018年)のまとめ [お仕事(講義・講演)]

12月3日(月)

ドラマ「女子的生活」(NHKテレビ、2018年)のまとめ

① 「性同一性障害」概念がしきりに流布された00年代においては、「女の子になる」に際して、身体的性別(性器の形態など)を外科的な手術により女性の形に似せることや、「心が女である」ことが過剰に強調・重視されたが、このドラマでは、それらの点にほとんど言及されない。

② その一方で、望みの性別である女性ジェンダーをすること(Doing gender)、「女子的生活」をすることに、大きな比重が置かれている。
また、性別移行がテクニカルな要素によって支えられていることも示されている(西原さつきさんの技術指導)。

③ 現在、トランスジェンダーの国際的定義は「出生時に指定された性別(sex assigned at birth)と異なる性別で生活している人」であり、このドラマの設定はその考え方に沿っている。

④ 「性同一性障害者」として医療福祉を求めるのではなく、一人の生活者として社会の中にある「壁」や偏見と、しなやかに粘り強く「闘う」主人公のポジティブな姿勢と、それを応援する周囲の人々が描かれている。

⑤ 00年代に流布した「性同一性障害」概念から、10年代半ば(2015年~)に再浮上するトランスジェンダー概念への、テレビ・メディアにおける転換を示す画期的な(記念碑的な)ドラマとして評価したい。

nice!(0)  コメント(0) 

山一証券が崩壊した頃 [世相]

12月3日(月)

昨夜、「NHKスペシャル」で山一證券の崩壊(1997年)を再検証していた。

それを見ていて、歌舞伎町「ホステス」時代に、「山一さん」と呼ばれるお客さんがいたのを思い出した。
あの頃、40代かな。
とすると、私と同じくらいか…。

破綻後、どんな人生を歩んだのだろう?

他にも証券会社の人や大手銀行マンもいた。
ママが株式投資が本業みたいな人だったから、株式・銀行関係のお客さんが結構いて、厳密に言えば違法な(インサイダー取引)情報交換が行われていた。

お手伝いホステスにすぎない私なんかでさえ、
「朝イチで〇〇(株の銘柄)買っときな。間違いなく上がるから」
みたいなこと、教えてもらった。

元手がなかったから、どうしようもなかったけど。

nice!(0)  コメント(0)